必要なときに必要なWPプラグインを一括でインストール、有効化できる便利なサービス。

よく使うWordperssプラグインをまとめておいて、サイト構築時に一括インストールでできる「WPCore」

2014-07-28 | Sigeo | 0 | カテゴリ Wordpress

wpcore

Wordperssでいくつもサイトを構築する際に、面倒なのはいつも必ず使うプラグインをインストールすること。必ず使うものを覚えておくのも面倒ですし、ひとつひとつインストールしていくのも億劫になります。

そんなときに便利なのが、今回ご紹介するサービスとプラグインのセットです。

毎回使うプラグインをまとめてインストールできる「WPCore」

WPCore.com」は、よく使うプラグインをサービスサイト上にまとめておいて、専用のプラグインを使って一括インストールできるオンラインサービス。

まとめたプラグインをコレクションとして公開し、共有することもできるようになっています。

サービスサイト上にプラグインをまとめられる

wpcore1
WPCore.comに無料会員登録をし、コレクションのタイトルと説明文を登録します。ここで一般公開(Public)するか、非公開(Private)にするかを選択して、プラグインの追加画面へと移ります。

wpcore2
プラグインの追加画面では、よく使うプラグインを検索しながら登録することができます。

wpcore3
プラグインの追加が完了すると、プラグインのコレクション画面が生成されます。それぞれのプラグインの評価やダウンロード数、アップデートされた時期なども表示されています。

一般公開(Public)にしていた場合、この画面のURLを使って共有することが可能になります。

サンプル→ 新規サイト構築パック – WordPress Plugin Collection | WPCore.com

専用プラグインとcollection keyでプラグインを一括インストール

wpcore4
生成されたプラグインパッケージ画面の右上には、collection keyと呼ばれるキーが発行されます。自身のWordpressに専用のプラグインであるWPCore Plugin Managerをインストールして、このキーを設定画面の入力欄にコピペすると、パッケージ化されたプラグインが一括インストールされます。

wpcore5
専用のプラグイン「WPCore Plugin Manager」をインストール、有効化して、プラグインの設定画面にてキーを入力。

wpcore6
その後「Begin installing plugins」のリンクをクリック。

wpcore7
するとWPCoreに保存しておいたプラグインすべてが一覧されるので、一括でインストール。ここで一括操作する際にインストール(Install)ではなく、有効化(Activate)を選んでおけば、一括でインストールから有効化までをおこなえてしまいます。これは便利!

wpcore8
面倒だったプラグインのインストール作業が、あっという間に完了してしまいますね。

WPCoreサイトであらゆるコレクションを探せる

wpcore9
WPCoreサイトのWordPress plugin collectionsページでは、ユーザーによってまとめられたあらゆるコレクション(プラグインのパッケージ)が公開されています。セキュリティや会員制サイトなどなど、希望のテーマに沿ったオススメのプラグインパッケージを得られるのもおもしろいですね。

興味があるかたはWPCore.comへどうぞ。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする