先日「レゴ 大人向けの広告」なるものをご紹介したばかりのレゴですが、さらにテンションがあがったのか、今回は子供向けに別の意味で過激な広告を展開し

レゴがさらに過激な広告を展開(注:決して真似しないでください)


過激すぎる!?レゴ 大人向けの危ない広告

先日「レゴ 大人向けの広告」なるものをご紹介したばかりのレゴですが、さらにテンションがあがったのか、今回は子供向けに別の意味で過激な広告を展開してきたようです。

レゴ 大人向けの過激な広告

今回のレゴの広告は、子供向けに展開したもの。「子供はテレビなんかあまり見ないほうが良い」というキャッチで、有害なテレビを見るくらいならレゴで遊べ!と言わんばかりの広告になっています。 が、ちょっと過激すぎるようなww

↑「暴力」という名の広告。なんだかお母さんたちが黙っちゃいないような気もしますが。

↑「ドラッグ」なんでこんなに過激に。。。伝えたい事はわかりますがね、問題提起とはいえ、テレビはあまりにも過激すぎることがある。

↑「SEX」 レゴでボカシを入れるのが相当気に入ったみたいですねww

最近になって、今までのレゴのイメージをかなり変えてきていますよね。 何でだろうと思ったら、どうやら2006年に業績をアップさせたにもかかわらず、2007年にキャッシュフローが悪化。2008年1月には最高財務責任者(CFO)が交代しているようです。

2008年の数値はわかりませんでしたが、ある程度建て直しの目処が立ち、行動に移す時期が来たということでしょうか。どのようなことを仕掛けてくるかも見ものかもしれませんね。

より詳しくレゴについて見てみたい方はLEGO Company – Corporate Information(英語サイト)へどうぞ。

Via:Ads of the World,広告代理店:DDB

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

Google AdWords 成功の法則Google AdWords 成功の法則
価格:¥ 1,680
平均評価:
納期:在庫あり。
Amazon で詳細を見る by iPhoneで会社を活性化
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする