TwitterがDiggを超えたことでも話題になっているUSエアウェイズ機のハドソン川の奇跡。誰かやるんだろうかと思っていたら、本当にGoogl

USエアウェイズ機のハドソン川不時着までをフライトシミュレーターで再現

2009-01-23 | Sigeo | 0 | カテゴリ Google Earth

1549便のフライトをグーグルアースのシミュレータで再現

TwitterがDiggを超えたことでも話題になっているUSエアウェイズ機のハドソン川の奇跡。誰かやるんだろうかと思っていたら、本当にGoogle Earthのフライトシミュレーターで再現したものが出てきました。

スポンサードリンク

Google Earthのフライトシミュレーターでハドソン川の奇跡を再現

↑このように1549便のフライトを再現しています。今までのものよりもさすがにリアルです。

グーグルアースで見ることも可能

↑このようにフライトデータをKMLファイルに収めてあります。

実際にフライトシミュレーターで体感することも可能

ちょっとコツが必要ですが、手順は下記のとおりです。

  1. まずこのファイルをクリックしてグーグルアースで開きます。
  2. 「Ctrl + Alt + A」 を押してフライトモードを開きF16の状態で「フライトを開始」ボタンを押します。(Macは Command + Alt + A)
  3. 「Page Up」キーを押して発進
  4. すぐに「F」キーを押してフラップを20~40%にします
  5. マウスの左ボタンを押して、カーソルを「+」にして高度や方向を調整
  6. 飛び立つにはちょっと助走が必要です
  7. 飛び立ったらすぐにスロットルを0にする(「Page Down」を押しっぱなし)
  8. 速度が200までさがったら「F」キーを2,3回連打
  9. 空中にある赤線に沿ってフライト
  10. ちょうど良い速度は170程度だそうです

って、結構難しいんですけどw 1~6の手順をスムーズに行えるとやりやすくなるみたいです。

なんとか数回繰り返してある程度できたのですが、やっぱりこのように自分で動かしてみると実感がさらにわいてきます。歴史に残る最悪な事態での成功をリアルなデータとして残しておくのは非常に大事なことですもんね。

Via:Google Earth Blog: Fly Flight 1549 Yourself in Google Earth

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする