上の写真、Google Earthに雲がかかっているのがわかりますか?この機能、Google Earthにファイルをセットするだけで米国のNOA

Google Earthがリアルタイム気象レーダーになった!?

2007-06-03 | Sigeo | 0 | カテゴリ Google Earth

Google Earthが気象レーダーになった!?

上の写真、Google Earthに雲がかかっているのがわかりますか?この機能、Google Earthにファイルをセットするだけで米国のNOAA、NASAから提供される気象情報が自動更新されるそうです。

スポンサードリンク

世界の天気と気温、天気図

世界の天気と気温、天気図

主に、NASAのデータからハリケーンの動きをチェックするのに重宝できるようですが、世界中の天気も知ることができます。地域によっては注意報や警報も表示されています。

ハリケーン情報 ウェブカメラからの情報

Google Mapsによる日本全国のお天気

これは、Google Earth上からGoogle Mapsのマッシュアップサービスを呼び出し、日本の天気図を作ったもの。

Google Earthでリアルタイムの天気を見たい場合は、weather and storm tracking tools collectionのKMZファイルをダウンロードすれば、自動更新で見ることが可能です。

ここまでくると、情報はすべてGoogleから取るのが一番と言うようになっていきそうですね。
考え次第ですが、サーファー用の波情報なんかがGoogle Earthでリアルタイムに見れると面白そうですね。カーナビとGoogle Earthが連動すれば、ナビ上で、いい波探しができる。いろいろ可能性が広がりますね。

Google Earthでリアルタイム天気図を

http://www.gearthblog.com/kmfiles/gebweather.kmz
世界中の雲の動きまで確認することができる。
スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする