グーグルアースで火星を見る方法と見どころ。

Google Earthで火星を見る

2009-02-04 | Sigeo | 0 | カテゴリ Google Earth

グーグル 火星

この画像、火星にある「ビクトリアクレーター」と呼ばれているものです。

これは新しくなったGoogle Earth 5.0で
見ることができるようになった火星の画像です。
まるで百科事典みたいですね^^;

このようにGoogle Earthで火星の地形や、
画像を閲覧することができるようになりました。

そこで今回はGoogle Earthで火星を見る方法をご紹介。

Google Earthで火星を探索

  1. まず、Google Earthを開きます(インストールはこちら
  2. mars1
    ↑メニューにある惑星のアイコンをクリックし、「火星」を選択
  3. mars2
    ↑しばらく待つと火星が開きます

見どころ

mars3
↑このように、Google Earthの火星モードでは火星の地形も再現されています。

火星でフライトシミュレーター
↑これは火星でフライトシミュレーターをしているところ。
地球同様に「Ctrl + Alt + A」でフライトモードに変わります。

今すぐビクトリア・クレーターをGoogle Earthで見たい方は、
ビクトリア・クレーターのKMZファイルをダウンロードしてGoogle Earthで開いてください。

Via:Google LatLong: Google Earth goes to Mars

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする