日頃PCの操作をしていると、マウスで操作するのが億劫になってくるものですよね。 ですから極力ショートカットキーを割り当てて、キーを覚えたりするわ

Chromeブラウザをコマンドランチャーで操作できる拡張機能「Cato」

2017-09-25 | Sigeo | 0 | カテゴリ Google Chrome

cato

日頃PCの操作をしていると、マウスで操作するのが億劫になってくるものですよね。

ですから極力ショートカットキーを割り当てて、キーを覚えたりするわけですが、それもまた覚えなくてはいけないので億劫になってくるわけです。

そんなときに便利そうなのが、今回ご紹介するコマンドランチャーの拡張機能です。

スポンサードリンク

ブラウザの操作をコマンドで行えるようにするChrome拡張「Cato」

Cato」は、Google Chromeの操作をコマンド入力でおこなえるようにするChrome拡張機能。

ブラウザの基本操作以外にも、Youtubeの再生、停止やGoogle各サービスの検索、計算などもおこなえるようになります。

ブラウザの操作をコマンドで

ランチャーを開いてコマンドを入力。

フルスクリーンモードや新しいタブを開くなどといったブラウザの操作を、コマンドでおこなえるようにできます。

「change tab」と打つと、今開かれている別のタブが一覧されて、タブを移動できます。

いま開いているタブから、特定のページを開いているタブへ遷移できる機能も便利です。

他にも、「Gmail」と打てばGmailを開けますし、copy urlでURLのコピー、「bookmark」でブックマーク追加/削除など、ショートカットキーを忘れてしまってもキーワードで操作できるのが助かります。

動画の操作もコマンドで。

YouTube動画の再生、停止操作もコマンドからおこなえます。これはまあ、スペースキーを押せば良いわけですが。。。

拡張機能の設定画面(chrome://extensions/)でキーボートショートカットを割り当て。

ランチャーを開くには拡張機能のボタンを押す必要がありますが、この操作にもキーボードショートカットを割り当てておくとマウス操作がなくなり楽になります。

GoogleやGoogleドライブなどの検索もできる

ランチャーを開いてキーワードを入力した状態。

ブラウザの操作以外にも、Google検索やGoogle ドライブなどの検索もおこなえます。

利用できる検索サービスは、

  • Gogole検索
  • YouTube
  • Googleドライブ
  • Gmail

の4つです。GogoleドライブやGmailもここから検索できるのは便利ですね。

計算もできる

ランチャーから計算できて、結果もその場に出る。

Google検索に計算できる機能がありますが、その機能をGoogleを開かずしておこなうことができます。

計算式をランチャーに入力するとその結果が表示される上に、その結果をクリックすることで数値をコピーできるようになっています。

興味がある方はCatoのページからChrome拡張機能をインストールしてください。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする