Eduardo Kobraの3Dアート作品。

躍動感がありすぎる3Dストリートアートいろいろ

2009-08-10 | Sigeo | 0 | カテゴリ おもしろ動画・画像ネタ, 目の錯覚

躍動感を感じる3Dストリートアート

今回は、サンパウロの3DアーティストEduardo Kobraの作品をご紹介。彼の作品は、今にも壁や道路からアートが飛び出してきそうな躍動感を感じるのが特徴です。(個人的に。)

スポンサードリンク

躍動感を感じる3Dストリートアート

3656205904_61a3fe8002_bee
↑なかなかダイナミックな3Dアート。

-
↑タイムマシンで移動してしまったかと思うようなアート。

Imagem 055
↑なんら違和感を感じさせないソファーのアート。
Imagem 052
↑本当に注意して見ないと分からないですよね。

-
↑コレは躍動感がすごすぎる。今にも飛び出してきそう。
-
↑あまりにもリアルすぎます。

MAM CASA COR 2009
↑私なら、間違いなく気付かずに壁へ突っ込みますw

PAINEL EM RESIDENCIA
↑本当にただの3Dアートではないですね。

Restaurante trindade
↑レストランからの仕事の依頼もあるそうで。

viaduto sta efigenia em 1915-
↑そこに壁があるとは思わせない。

interagindo épocas- avenida São João
↑車突っ込んじゃうってw

São Paulo capital da arte de Rua!
↑物の大きさが訳分からなくなりそうです。

mural-wall of memories
↑ここまで街の景観を変えられる人ってすごいですね。

Eduardo Kobra- Mini Cooper↑Miniを描いている所。

自分のオフィスにも、こんなアートを描いて欲しいものですwそうしたら、どんな気分で仕事が出来るんでしょうね。

fromFlickr: eduardo kobra’s Photostream

Cruising KINGDOM:アートトラック・疾走の玉座 (ストリートデザインファイル)Cruising KINGDOM:アートトラック・疾走の玉座 (ストリートデザインファイル)
価格:¥ 2,730
平均評価:4.0
納期:通常5~6日以内に発送
Amazon で詳細を見る by マーケティングリサーチのデータなら
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする