巷ではGTA4の発売が騒がれているようですが、ネットではGTA4がオフィシャルサイト上でGoogleマップを使っていることも話題になっているよう

GTA4が公式サイトの攻略マップにGoogleマップを採用

2008-05-01 | Sigeo | 0 | カテゴリ Google マップ

GTAシリーズ最新作GTA4 HoodにGoogleマップ採用

巷ではGTA4の発売が騒がれているようですが、ネットではGTA4がオフィシャルサイト上でGoogleマップを使っていることも話題になっているようです。

スポンサードリンク

GTA4がオフィシャルサイトでGoogleマップを採用

ゲームのオフィシャルマップにGoogle Maps APIを採用したのはロード オブ ザ リング オンラインも記憶に新しいことですが、日本ではまだ見ないケースですが、これは結構使い勝手が良いと思うのは私だけでしょうか。

GTA-Hood-Liberty-City-Map.jpg これがGTA4のオフィシャルサイトに設置されているGoogle Maps APIで作られたゲームマップ。武器屋の場所やミッションの情報など、様々な情報が表示されます。

このマップに「Interactive Liberty City Map(インタラクティブな『双方向な』Liberty Cityの地図)」と銘打ってあるのが気になったのですが、その理由は以下の通り。

GTA-Hood-Liberty-City-Map2.jpg 会員登録していると、マップに情報を追加することができるようです。追加の仕方はGoogleマップと同様、右クリックでメニューを選択する感じ。 GTA-Hood-Liberty-City-Map3.jpg

ただ単にゲームのマップとして利用するのではなく、Wikiと合わせて双方向性を出すというのもうまい手法ですね。

マップを見てみたい方はGTA 4 Liberty City Map へどうぞ。

日本では攻略サイト系で先に出てきそうな予感もしますが、ディズニーリゾート攻略マップみたいなイメージなのでしょうか。そんなのがあったら時間のないサラリーマンにも受けそうですよね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする