音声を共有するのに便利なサービス。

YouTubeへMP3ファイルをカンタンにアップロードできる「TunesToTube」

2014-02-12 | Sigeo | 0 | カテゴリ YouTube

tunestotube

YouTubeへ動画ではなくMP3ファイルをアップロードしたいとき、YouTubeは音声だけのファイルには対応していないため、アップロードする前に音声と画像をマージして、さらにYouTubeで動作する形式に変換する必要があります。(音声ファイルや画像ファイルのアップロード – YouTube ヘルプ

これを実現するには、音声ファイルをわざわざ加工したりする必要があるわけですけど、今回はその手間を省いて、手軽にMP3ファイルをアップロードできるサービスをご紹介します。

スポンサードリンク

MP3をYouTubeチャンネルへカンタンにアップロードする「TunesToTube」

TunesToTube 」は、MP3ファイルをHD動画としてYouTubeへアップロードできるサービス。

好きな画像を動画のサムネイルとして登録することもできるうえに、わずか10秒程度でアップロードできるようになっています。

MP3をYouTubeチャンネルへ手軽にアップロード

tunestotube1
設定をおこなってからわずか10秒ほどで作業完了。その後数分の処理を経て、YouTube上に動画として反映されます。上記画像の写真は、デジタル一眼レフで撮った写真をそのままあげています。1280×720サイズがフルスクリーンピッタリになるようなので、それに合わせてお気に入りの写真をMP3に添えられるのも良いですね。

YouTubeアカウントと連携して1画面ですべてが完結

tunestotube2
操作はたったの4ステップ。MP3ファイルと画像をアップロードし、タイトルと説明文、タグを設定してCAPTCHAを打ち、最後に【Create Video!】ボタンを押すだけです。

アップロード画面はGoogleアカウントとYouTube APIを使っているので、TunesToTubeの画面だけで、MP3と画像ファイル、そしてタイトル、説明文、タグを設定することができます。

tunestotube3
音声ファイルを非公開設定にすることも可能。動画として表示されるサムネイル画像にウォーターマークを入れることもできます。

興味があるかたはTunesToTube へどうぞ。くれぐれも法に触れるような音声は上げないようにしてください。ちょっとでもそのような音声が含まれていると、アップロードしてすぐにYouTubeから怒られてしまいますけれども。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする