NTTドコモは4月23日、携帯電話のフラッグシップモデル904iシリーズ5機種を発表した。P904iは6月発売の見込み。より薄く、高機能を目指し

DoCoMo2.0的ケータイは、「2in1」で反撃へ


NTTドコモは4月23日、携帯電話のフラッグシップモデル904iシリーズ5機種を発表した。P904iは6月発売の見込み。より薄く、高機能を目指したラインアップだが、ワンセグ対応は、F904iの1モデルのみ。

904がでましたね。結局ワンセグ対応はF904iのみだったみたいです。

目玉の機能をワンセグではなく、1台分の携帯電話で2台分の機能を持てる「2in1(ツーインワン)」を、全機種標準にしたことが、顧客視点になったといえるのでしょうか。

スポンサードリンク

DoCoMo2.0とは?

「2in1(ツーインワン)」月額945円で新たな電話番号とメールアドレス

1台で、仕事用、プライベート用を使い分けられる「2in1」。
いままで別キャリアで2台所持していた人を取り込むことに注力したのでしょうか。

携帯メーカーとしてはあまり喜べないサービスかもしれませんが、飽和状態の携帯電話市場で逆襲するにはこれしかないというところでしょうか。

DoCoMo2.0の目玉「2in1」

■1台で2つの電話番号が使える

1台のケータイで2つの電話番号とメールアドレスをご利用いただけるので、1つは仕事用、もう1つはプライベート用とそれぞれ使い分けることができます。 904iシリーズに新搭載される「モード」を切り替えることで、電話帳や発着信履歴も自動的に切り替わり、便利にご利用いただくことができます。

■セキュリティも充実

「モード」を切り替えることで、別の「モード」の着信履歴や受信履歴を見ることができなくなるなど、セキュリティも充実し便利に使えます。

悪いこと?に2台使っている人にはお勧めできないかもしれませんがww 仕事と併用する人や、様々な使い分けをする人にとってはすばらしいサービスかも。

Wiiのように振ったり傾けたりして出来るゲーム機能もちょっと気になります。

904iシリーズ

http://www.nttdocomo.co.jp/
DoCoMo2.0的ケータイで反撃へ

DoCoMo2.0関連記事

  • DoCoMo2.0 のキャッチコピーは、ドコモだから魔法の言葉!?
[R0]「他社さまはご覚悟ください」–NTTドコモ夏野氏、DoCoMo2.0的ケータイで反撃へ – CNET Japan
スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする