日本のクォーツ時計からシェアを取り戻すために開発された、廉価で特徴あるデザインが売りのSwatch。広告も変わったものが多いようです。 Kard

Swatchの変わった広告いろいろ

2007-11-22 | Sigeo | 0 | カテゴリ 世界のおもしろ広告

Swatchの広告

日本のクォーツ時計からシェアを取り戻すために開発された、廉価で特徴あるデザインが売りのSwatch。広告も変わったものが多いようです。

Kardume

Kardume-2.gif

↑「海がない。」

Kardume-1.gif

↑どうやら水に使っていないといけないようですww

TIME

Swatch-Swatch.gif

↑恥ずかしながら、理解するのに少し時間がかかりましたww

Swatch Irony

Swatch-Irony.gif

↑こぼれたペンキを時計に見立てた広告。

彼らに何が?

swatch1.gif

↑何を意味しているんだろうか。

swatch2.gif

↑タスク多すぎですよww

Swatch Puzzle Motion

↑やはりCMも変わってます。

世界を揺らせ!

↑中国が世界を揺らすバージョン。

↑ヨーロッパがリベンジするバージョン。シェア奪回に向けた企業アピールのようですね。

↑これはマニラバージョン。

Swatchオフィシャルサイト

swatch-site

個性を前面に出した広告が多いようですね。広告のイメージが日本の企業で言うとSONYに近いものを感じるのは私だけでしょうか。もちろんファッションブランドと同様、一般的な広告も出していますが、並行して変わった広告を打っているのも何か思惑を感じさせますね。

関連情報

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

Google AdWords 成功の法則Google AdWords 成功の法則
価格:¥ 1,680
平均評価:
納期:在庫あり。
Amazon で詳細を見る by iPhoneで会社を活性化
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする