Googleマップの「リンク」で発行される長いURLが自動的に短縮されるけど、埋め込みタグが発行されなくなるLabs機能。。。

GoogleマップのLabs機能にURL短縮機能が付いたけど

2010-07-10 | Sigeo | 0 | カテゴリ Google マップ

GoogleマップでURL短縮機能が使えるようになった

Googleマップで場所を共有したい時、場合によってはURLが長すぎて、メールで送った時などに途中でリンクが切れてしまうこと、ありますよね。

この問題が、随分長い間放置されていたように思いますが、ようやくGoogleが自ら提供している短縮URLサービスに対応させたようです。

スポンサードリンク

GoogleマップでURL短縮機能が使えるようになった

今回、地図URLの短縮ができるようになったのは、Google マップの Labsに追加された「短い表示 URL」機能。

この機能を「オン」にすることで、Googleマップの「リンク」を短いURL(例:http://goo.gl/maps/3sAS )にすることができます。

Labsに追加された「短い表示 URL」機能

地図URLを短縮
Google マップの Labsで、機能をオンにすることで利用可能に。

リンクが短縮URLになる
↑機能をオンにしたあとは、「リンク」を押すと自動的に短縮URLが発行されます。

でも、ちょっと待てよ

サイト運営者ならば、マップを記事に埋め込む機会もありますよね。

しかしながら、先程の画像を見て頂ければおわかりいただける通り、埋め込みタグが発行されなくなるのです。。。

埋め込みタグがなくなる
↑本来は「リンク」をクリックすると、このように埋め込みタグが発行されるはずです。

う~ん、これではまるで意味のない追加機能、、、埋め込みタグも発行するように改善して欲しいものですね。

Via:Google Operating System

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする