Googleサービスへのショートカットを表示する拡張機能といえば、Google Shortcutsがあるのですが、正直言ってこの拡張機能はボタン

Googleサービスをスムーズに開ける未読通知付きChrome拡張機能「Terminal for Google」

2012-02-23 | Sigeo | 0 | カテゴリ Google Chrome

Googleの各種サービスをサクっと開けるChrome拡張機能

Googleサービスへのショートカットを表示する拡張機能といえば、Google Shortcutsがあるのですが、正直言ってこの拡張機能はボタンを押してからGoogleサービスへのボタンを表示するのが遅く、不満を持っていました。

今回は、そんなストレスを払拭してくれる新しいGoolgeサービスのショートカット拡張機能をご紹介します。

スポンサードリンク

Googleの各種サービスをサクっと開けるChrome拡張機能

Terminal for Google」は、指定したGoogleサービスのショートカット一覧を表示するChrome拡張機能。

GmailやGoogleリーダー、Google+の通知機能も持っていて、これら3つのうちのどれかに新着通知があると、ボタンに「!」を表示して知らせてくれます。

指定したGoogleサービスのショートカットを表示

ショートカット一覧
↑ブラウザのボタンを押すことで、Googleサービスへのショートカット一覧を表示。一瞬で一覧を表示してくれるのがとても快適。

オプション設定画面
↑一覧に表示するサービスは、オプション設定画面のEnabled(有効)/Disabled(無効)で指定可能。使用頻度の高いものだけに絞り込めます。

並べ替え
↑よく使う順にドラッグ・アンド・ドロップで並べ替えることも可能。

Gmail、Googleリーダー、Google+の通知機能付き

新着通知
↑Gmail、Googleリーダー、Google+のいずれかのサービスに新着通知があると、「!」マークをボタンに表示して教えてくれます。

未読チェックの頻度
↑通知機能の有効/無効、未読チェックの頻度もオプション設定画面で設定可能。

未読数表示
↑ボタン一覧では個別に未読数が表示されます。Googleリーダーは外そうかと。

Googleサービスのステータスチェックページへのリンク付き

Googleサービスのステータス
↑主要Googleサービスのステータスを表示するApps Status Dashboardをすぐに開けるリンクがボタン一覧に設置されており、いつでも状況を確認しやすくなっています。

その他設定
↑それ以外にもオプション設定画面では、SSLでの接続やアイコンだけの表示、表示するカラム数を設定できるようになっています。

試してみたいかたはTerminal for Googleへどうぞ。

Googleサービスを頻繁に使うひとにとって、非常に便利。ただし欲を言えばGoogle Appsが欲しかったなと。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする