傾けたり、画面に向けることでも操作可能。

Android端末をPCのトラックパッドやジョイスティックにする「DroidPad」

2013-02-26 | Sigeo | 0 | カテゴリ Android アプリ

Droidpad

PCの操作にマウスよりもトラックパッドを好む人も多いことでしょう。そのために、デスクトップPC用にトラックパッドを購入する方も増えているのではないでしょうか。

今回はトラックパッドやジョイスティックを買わなくても、Android端末から実現できてしまうアプリをご紹介します。このアプリはWindows、Android OS、Linuxで利用可能です。

スポンサードリンク

Android端末をトラックパッドやジョイスティックにできるアプリ

DroidPad」は、Android端末をデスクトップPCのトラックパッドやジョイスティックとして利用できるようにするAndroidアプリ。

プレゼンテーション用のリモコン機能も備えていて、パソコンの操作をより快適なものにしてくれます。

3種類のマウスモードを使える

マウスモード
↑写真のように、Android端末がトラックパッドそのものになってしまいます。マウスとしての機能の種類は3つあります。

トラックパッド

トラックパッド
↑一般的なトラックパッドの機能を使えるもの。

チルトマウス

チルトマウス
↑端末を傾けることでマウスを動かすことができます。

ポインティングマウス

ポインティングマウス
↑端末の上部を向けた位置にポインタを移動するタイプです。これが一番マウス操作を速くおこなえます。

8種類のジョイスティックを使える

ジョイスティック
↑8種類の中から、好みのタイプを選ぶことができます。

こちらはDroidPadを使ってゲームをしている様子。ゲームにもなかなか良さそうですね。

便利なプレゼンテーションのリモコン機能

droidpad5
↑これはプレゼンやセミナーを行う際にとても便利。Android端末がカンペやリモコンとして機能してくれるのは非常に助かります(笑)

Wi-FiまたはUSBで接続

Wi-FiがPCと同じネットワーク上にあればワイヤレスのトラックパッドとして利用でき、そうでない場合も、USB接続をすることによって利用することが可能です。

セットアップ手順

まず、お使いのPCに専用ソフトをインストールします。専用ソフトはこちらのページの「Download」の項目から対象OSのページを開いてダウンロードしてください。

droidpad6
↑Windows版は上記の部分からダウンロードできます。

専用ソフトのインストールが完了したら、つぎにAndroid端末へアプリをインストールします。DroidPadのページからアプリをインストールしてください。

droidpad7
↑アプリを起動した状態で専用ソフト(Dridpad)を起動すると端末の名前が表示されるので、端末の名前を選択して【Start】ボタンを押します。

droidpad8
↑端末と接続する際にセキュリティ警告が出ます。問題がなければ【アクセスを許可する】ボタンを押します。

droidpad9
↑Android端末側で利用したいものを選択して開けば利用可能になります。

今回はNexus 7 を使って試してみましたが、まるで市販のトラックパッドを使っているかのような使い心地でした。タブレット端末をここまで活用できるとなると、余計に手放せなくなりますね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする