指定したサイトを、必ずシークレットモードで開くようにするChrome拡張機能。

指定したサイトを自動的にシークレットモードで開くChrome拡張「Autonito」

2010-08-10 | Sigeo | 0 | カテゴリ Google Chrome

シークレットモード

他人に見ていることを知られたくないサイト、あるいは家族に知られたくないサイトというものは必ずあると思います。

そのため、なるべくシークレット ウインドウで閲覧するということもあるでしょう。ただ、ちょっと気を抜くと、「閲覧履歴に残してしまう」なんてことありますよね。

そういった重大なミスを事前に防いでくれるのが今回ご紹介するGoogle Chrome 拡張機能です。

スポンサードリンク

強制的にシークレットモードで開くChrome拡張「Autonito」

Autonito」は、ドメインを指定しておくと、そのページを開いたときに自動的に「シークレット ウインドウ」で開いてくれるChrome拡張機能。

家族共用パソコンなどで、どうしても秘密にしておきたい検索履歴などを隠す際にも有効です。

ドメイン指定でシークレット

ドメイン指定
↑ドメインを指定することで、そのページを開くとき、必ずシークレットモードで開くようにします。

ドメインの指定は、サブドメインごとに別設定する必要があります。

新しいウインドウで
↑設定したドメインのサイトを開こうとすると、強制的にシークレットウィンドウで開かれます。 この時、突然新しいウィンドウで開くので、ちょっとだけびっくりします。

なお、Google Chromeのシークレットモードの使い道は、Googleヘルプで下記のように書かれています。

プレゼントや誕生日のサプライズを計画している場合など、ブラウザの使用状況を隠したい場合は、シークレット モードを使用できます。

Google Chrome ヘルプ

また、あわせて下記のような注意点もございますので、ご認識を。

シークレット モードでアクセスしたウェブサイトの情報は Google Chrome には保存されませんが、アクセス先のウェブサイトにアクセス情報が保存される場合があります。パソコンに保存したファイルはそのまま残されます。

興味のある方はAutonitoへどうぞ。

プレゼントやら、サプライズの仕掛けをネットで探していると、共有PCの場合はバレてしまう可能性が高くなりますよね。そんなとき、役立ちそうなこの拡張機能、フル活用できそうですね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする