特定の人とのやりとりの頻度や競合のメール活用状況などを手軽に調査できるChrome拡張機能。

Gmailのメール送受信頻度をグラフで視覚化するChrome拡張「Graph Your Inbox」

2010-09-16 | Sigeo | 0 | カテゴリ Gmailの使い方, Google Chrome

Visualize your Gmail data.

「競合他社のメールを調査目的で受信する。」、「顧客のフォローをどれくらいの頻度で行えているかを把握する。」などということは、マーケターであれば欠かせないことのはず。

しかしながら、それを視覚化するのはなかなか手間のかかるものですよね。今回は、そういったメール頻度の視覚化をカンタンにおこなえるGoogle Chrome 拡張機能をご紹介します。

スポンサードリンク

Gmailのメール送受信頻度を視覚化するChrome拡張

Graph Your Inbox」は、キーワードや送信元などを指定して、メールのやりとりの頻度をグラフ化するChrome拡張機能。

FacebookやAmazonが、どのようなメールマーケティングの仕掛けをしているのか、どのタイミングでどのようなメールを送っているのか、あるいはあなたが特定の顧客と、どれくらいの頻度でコミュニケーションを取っているかなどを視覚化することができます。

特定の相手のメール頻度を視覚化

Amazonからのメール
↑例えば「from:amazon」と設定すると、Amazonがどのようなタイミングでメールをしてきているのかが分かります。

グラフにマウスポインタを乗せると、その時期の数値も表示。さらに右下の棒グラフをクリックすると、その時期に送られてきたメールの件名も表示します。

キーワードで調査する

クリスマス商戦
↑「クリスマス」のような季節キーワードで、どこにピークがあるかを調べることも可能です。

メールアドレスやラベルでの絞り込みも可能

ラベル
↑ラベルや、送信元&送信先を特定して調査することもできます。

利用できる検索方法

  • from:キーワードorドメインorメールアドレス
  • to:メールアドレス or from:メールアドレス
  • label:ラベル名

ただし、has:red-star などは使えないようです。

興味のある方はGraph Your Inboxへどうぞ。

いままでCRMソフトなどを使って調べていたものが、ブラウザ拡張機能でここまでできてしまうとなると色々と便利ですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする