EvernoteやDropbox、Googleドライブも。

クラウドからGmailへカンタンにファイル添付できるChrome拡張機能「Cloudy for Gmail」

2013-02-21 | Sigeo | 0 | カテゴリ Google Chrome

cloudy-gmail

Gmailを使って友人にファイルを渡したい時、そのファイルがオンライン上にあることが増えているのではないでしょうか。

そのような場合、一度オンライン上にあるファイルをパソコンへダウンロードして、Gmailに添付して送ることになると思います。しかし、落ち着いて考えてみると、これは変な話ですよね。

オンライン→オフライン→オンライン、あるいはパソコンの同期フォルダを開いてファイルを移動させて、やっと相手にファイルを渡せるなんて、とても非効率に感じてしまいます。

そんなオンライン上にあるファイルをGmailで受渡しやすくしてくれるChrome拡張機能をご紹介します。

スポンサードリンク

オンライン上のファイルをGmailに添付しやすくするChrome拡張機能

Cloudy for Gmail™」は、DropboxやEvernoteなどにあるファイルを、カンタンにGmailへ添付することができるGoogle Chrome拡張機能。

ファイル添付ボタンを押して、対象のサービスから渡したいファイルを選んで、そのままGmailの新規メールに添付することができます。

Gmailの新規メールにファイル添付

cloudy-gmail1
↑Gmailの新規メール画面に表示されている雲のアイコンをクリックしてファイル選択画面を開きます。

cloudy-gmail2
↑するとファイルを選択する画面が出るので、ここで目的のファイルがあるサービスを選択します。

cloudy-gmail3
↑初めて使うときは、対象のサービスとの連携作業が必要です。

cloudy-gmail4
↑サービスとの連携が完了すると、サービス内に保存されているファイルを選択できるようになります。

cloudy-gmail5
↑ここで複数ファイルを同時に選択することも可能。

cloudy-gmail6
↑【Upload】ボタンを押すと、一気にファイルが添付されていきます。

あらゆるサービスに対応

cloudy-gmail7
↑DropboxやGoogleドライブ、画像ウェブ検索等など、さまざまなサービスからファイルをダイレクトに添付することができます。

対応するサービス
  • 自分のパソコン(ドラッグ・アンド・ドロップも可能)
  • Dropbox
  • Box
  • Googleドライブ
  • Picasa
  • Facebook
  • Instagram
  • Evernote
  • Flickr
  • Github
  • ウェブカメラによる静止画
  • ウェブカメラによる動画
  • 画像ウェブ検索
  • FTP
  • WebDAV

表示するサービスの入れ替え
↑ファイル選択画面に表示するサービスを減らしたり、並べ替えをすることも可能です。これらの設定は、ブラウザのツールバーに表示されるボタンを押して表示される設定画面でおこなえます。

試してみたいかたはCloudy for Gmail™のページで拡張機能をインストールしてください。

思えば普段からなんて非効率な事をしていたのだろう。そんな気づきを与えてくれそうなツールですね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする