新しいタブを開くことなくラクラクページ閲覧。

同一タブでリンク先のページを閲覧できるChrome拡張機能「Intab」

2013-03-29 | Sigeo | 0 | カテゴリ Google Chrome

intabs

同一ページ内にいくつもリンクがあり、それら複数のリンク先を確認するのに、わざわざタブを開くのが億劫になってしまうこと、多いですよね。

そんな時、ひとつのタブを2分割して閲覧出来れば良いと思うのですが、なかなか良い拡張機能がない、というのが実態です。

今回は、ベータ版で少々不安定ながらも、リンク先を開く手間を楽にしてくれそうな同一タブでリンク先のページを見ることができるChrome拡張機能をご紹介します。

スポンサードリンク

新しいタブを開くことなくリンク先ページを確認できるChrome拡張機能

Intab (Beta)」は、ページ内に設置されているリンクを、新しいタブで開くことなく、同一タブの中で閲覧することができるChrome拡張機能。

リンクにマウスオーバーした状態でWin + Alt(Macは Command + Alt )を押すことで、タブの右側にリンク先ページを表示させることができます。

リンク先のページを同一タブ内に表示

intabs1
↑たとえばチャットワークのように、他のメッセージへのリンクが多く使われるようなシーンでも、新しいタブで開くことなく、元の画面を残したまま新たなページを同一タブ内に表示させることができます。これは生産性があがりますね。

intabs2
↑ブログを閲覧するときにも、このように記事一覧ページから、新しいタブで開くことなく、記事を閲覧することができます。

intabs3
↑あとで読むサービスのPocketでも動作。

intabs4
↑SEO系ツールで調査しながら、右側で該当のサイトやGoogle検索結果を見てみたり。

ただし、GmailやGoogleドライブなどのように、URLが https:// から始まるページでは動作しないことが多いようです。チャットワークも https:// ですが。。。

intabs5
↑若干不安定でなかなかうまく表示できないこともあるようですが、コツとしては、Windowsキーを押しながらAltキーを押して、そのままリンクをクリックし、画面右側に出てくる黒い縦のバーをマウスでタブ画面の真ん中まで何回かドラッグして伸ばすと、表示されるようになるみたいです。

一度右側にリンク先ページが表示されれば、あとは左側の元々開いていたページにあるリンクを普通にクリックするだけで、タブの右側にリンク先ページが表示されるようになります。ここまで来るのに少し苦労するかもしれませんが、一度できてしまえばあとはラクラクという感じです。

興味がある方はIntab (Beta)のページから拡張機能をインストールしてください。

非常に便利なので、速く動作を安定させて欲しいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする