安いし楽だし安心だし。

両親がタブレットPCデビューするときにもお勧めしたい「楽天ブロードバンドLTE」

2013-08-31 | Sigeo | 0 | カテゴリ Lifehacks

アジャイルメディア・タイアップ・レビュー。この記事は、アジャイルメディア・ネットワークのタイアップです。

楽天ブロードバンドLTE

スマートフォンやタブレット端末のユーザーが増えていますよね。

Googleをはじめとする企業による調査機関「Our Mobile Planet」によると、日本のスマートフォンユーザーは2011年の4倍以上となり、普及率は4人に1人まで拡大しているそうです。

また、2011年まで伸び率が停滞していたタブレット端末も、2012年には前年の2倍近くになり、その普及率は7人に1人強まで拡大しています。(※平成25年総務省調べ)

このようななか、ご両親がスマホやタブレットを導入し、ご両親の自宅にインターネットを引き、無線LAN環境を作ろうという機会も増えているのではないでしょうか。

ただ、両親の家にインターネットを引くとなると、初期設定はもちろんのこと、何らかのトラブルがあった際の不安がつきまといます。ですから、「最初は敷居を低くライトに使わせてあげたい」という場合には、もっと簡単な手段を選ぶ必要があります。

今回はそんなシーンにぴったりなサービスを体験してみましたのでご紹介してまいります。

スポンサードリンク

タブレットやスマホデビューの敷居を低くしてくれる「楽天ブロードバンドLTE」

楽天ブロードバンド LTE」は、simカードを差すだけでネット接続できるインターネット接続サービス。

ほぼ全国、どこでもつながるdocomoの回線を、月々945円という破格の利用料で使えるのが特徴です。(一番安心なエントリープラスプランの金額です)

敷居の低さは設定のシンプルさにある

SIMカードを挿しているところ

ドコモ端末に楽天ブロードバンドLTEのSIMカードを挿しているところ

なによりも、最初の設定だけすれば、ほぼSIMカードを挿すだけという設定のシンプルさにメリットがあります。

通常のインターネット接続サービスの場合、やれプロバイダであるとか、回線であるとか、あるいは回線工事であるとか、面倒はいくつも重なります。

そのうえ接続の設定もそこまで簡単にはなっておらず、なかなか利用することが出来ない、あるいは設定の手伝いをしなければならない、ということも避けられません。

この敷居がリテラシーの低いひとにとってネックになっており、両親に使わせてあげたくても、なかなかそうはいかない、というかたも多いように感じます。

それを取っ払ってくれるのが、楽天ブロードバンドLTEの手軽さなのです。

トラブルが起こりにくいのも安心なポイント

仮にインターネット接続がなんとかうまくいったとしても、利用開始後のトラブルの対応も楽ではありません。サポートに電話すればなんとかなる、わけではなく、結局は子供にお願いするという親御さんがほとんどだと思います。

同居していればまだしも、離れている両親のサポートをするのは容易ではありませんから、結局使われないインターネットの料金が毎月支払われ続けることにもなりかねません。

その点楽天ブロードバンドLTEであれば、ガラケーを使ったことがありさえすれば、SIMカードなので、ほぼ問題なく使えるようなものですからメンテナンスフリーと言ってよいでしょう。より有効にインターネットを楽しんでもらえると言ってもよさそうですよね。

制限を超えてもストレスなくインターネットできる

Google+やMighty Textの写真自動アップロードをWi-Fi接続時のみに制限せず、スマホサイトの実機テストをしまくるという過酷な環境下で500MBを超えました(笑)

Google+やMighty Textの写真自動アップロードをWi-Fi接続時のみに制限せず、さらにスマホサイトの実機テストをしまくるという過酷な環境下で500MBを超えました(笑)

月々945円という安さですから、もちろん接続条件はあります。LTE回線を使えるのは月間で500MBまでというものです。

しかし制限を超えてからが楽天ブロードバンドLTEのエントリープラスプランの真骨頂。今日時点で私は今月の利用量が600MBを超えています。しかし、それでもネットサーフィンくらいならストレスなくおこなえています。

LTE回線を謳いながら、つながりや接続スピードの品質が悪いサービスも存在しますが、それを優に超える満足感を感じられました。

どういうことかというと、制限を超えても、最大256kbpsという、超過後の通信速度としては業界最大レベルの通信速度を保ってくれるのです。

256kbpsといえば、3G回線よりも遅い速度かもしれません。しかしそこはdocomoの回線、この制限値でも十分に使えます。

家でも外でも地方でも使えて月々945円

さて、最後のポイントは、家だけでなく、外でも使えるということです。近所へ出かけるときも、国内旅行で遠方へ行く時にも、楽天ブロードバンドLTEでネット接続することが出来ます。

ちなみにこれまでの私は、自宅では光回線、外出中はLTEのモバイルWi-Fiを使っていますが、このふたつを合わせると月々9,000円になります。

私の環境とほぼ同等の環境を持つのに月々945円で済んでしまうというのは驚愕の事実です。

500MBという制限から、動画を見ることには適していませんが、ライトなユーザーであれば確実にお得ですし、これから始めるひとにも勧めやすいですよね。

以上のようなことから、私はこれからタブレット端末を導入して、インターネット接続を開始する、あるいはパソコンから乗り換えるというご両親のようなひとには、楽天ブロードバンドLTEをお勧めします。

興味がある方は楽天ブロードバンド LTEへどうぞ。

ちなみに、これまで外出中にはモバイルWi-Fiの端末をスマホと一緒に持ち歩いていた私ですが、楽天ブロードバンドLTEを使っている間は一度も持ち歩きませんでした。果たして楽天ブロードバンドLTEよりも月々3,000円ほど高いモバイルWi-Fiの端末を、持っている意味があったのだろうか。。。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする