Googleウェブマスターツールに新たな情報「見つからなかったページへのリンクを張っているページ情報」が追加されたそうです。 なので早速試してみ

Googleウェブマスターツールで404 Not Foundページのリンク元サイトを表示

2008-10-14 | Sigeo | 0 | カテゴリ SEM・SEO 関連

404 Not foundページのリンク元ページ情報を提供開始

Googleウェブマスターツールに新たな情報「見つからなかったページへのリンクを張っているページ情報」が追加されたそうです。 なので早速試してみました。

スポンサードリンク

Googleウェブマスターツールで404ページの参照元を照会

いや、意外とあるもんだなと思いましたが、どうやら自ブログからのリンクも多いようで、「一度間違えて投稿してしまったページへの、タグ検索結果からのリンク」なども検出しているようです。 これには正直驚きましたけどw

これがリンク元が何ページあるかと言うデータ。私の場合、ほとんどが同一ブログ内のページになっていました。

そしてこちらが、リンク元ページの詳細データ。先ほどの画像にある「○ページ」のリンクをクリックするとこのようにリンク元一覧がポップアップ表示されます。

データがある場所は、ダッシュボードから対象サイトのリンクをクリックした後、「診断」>「ウェブ クロール 」>「見つかりませんでした」になり、データの一覧が表示されています。

早速試してみたい方はGoogle ウェブマスター ツールへどうぞ。

せっかくリンクしてもらっているのにページがなくなっていたら相手に迷惑がかかる上に、自分も被リンクを無駄にしてしまうということを防げますよね。 これはなかなか重宝しそうな機能です。

Via:Official Google Webmaster Central Blog

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする