ソーシャル・マーケティングとは、一言で表すと「消費者によって商品の価値を高める活動」、

ソーシャル・マーケティングとは?-マーケティング用語辞典


social marketing

ソーシャル・マーケティング

スペル:Social Marketing

スポンサードリンク
ソーシャル・マーケティングとは
一言で表すと「消費者によって商品の価値を高める活動」
今までは企業主体で、企業の利益追求を中心としたマーケティング活動が行われてきましたが、ソーシャルマーケティングでは、社会との関わりに重点を置くものになっています。
これは80年代にコトラーが提唱したもので、社会的な問題を解決するという目的を果たすために、従来のマーケティング手法を用いる考え方です。
しかし、現在ではインターネットの普及、そしてソーシャルメディアの登場により、消費者が容易に意見を述べられるようになり、今まで表面化していなかった消費者の問題が社会的な問題に発展するようになった為、本来のソーシャルマーケティングとはまた違ったものになりつつあることも確かです。
もう少し具体的に言うと、SNSの登場により人のつながりが作りやすくなり、Twitterのようなサービスの登場により、そのスピードがさらに加速したというもの。
その人のつながりで広まることの速さ、強さに対して、企業がどのようにマーケティングを行っていくかという事がソーシャルマーケティングであるとも言えます。
より詳しくは、ソーシャル・マーケティングのコンサルティングでも解説しております。
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする