最近缶コーヒーは糖質ゼロに限定している私。甘い缶コーヒーを飲み続けると身体に悪いというのをずっと言われ続け、最近やっとミルクの甘みが特徴の缶コー

メタボが気になる76世代にヒットする!?ワンダ ゼロマックスのプルバックカー

2008-05-27 | Sigeo | 0 | カテゴリ 海外WEB プロモーション事例

pull-back-car-8.jpg

最近缶コーヒーは糖質ゼロに限定している私。甘い缶コーヒーを飲み続けると身体に悪いというのをずっと言われ続け、最近やっとミルクの甘みが特徴の缶コーヒーが出てきたことによって私は糖質ゼロの世界に入りました。

スポンサードリンク

まあ、プルバックカーが欲しかったわけですが

今回、CyberBuzzよりご紹介いただいて、ワンダの歴代プルバックカーをいただきました。こういったものには目がないものでww昨日のノベルティ広告の記事にも繋がるわけです。私は76世代なので思いっきりターゲティングされた感があります^^;うまいですね。

pull-back-car-1.jpg 今回いただいた歴代プルバックカー。ランボルギーニセットとWRCセットが入っていました。

ともあれ、最近流行のミルクの甘さで糖質ゼロでも甘みを感じられるコーヒー。動機は違うところにあったものの、会社の自販機で売っていることもあり、毎日飲んでますw 

コーヒーの味はあまり詳しくないけど、無理してブラックを飲むよりもずっと胃に優しい感じ。(※具体的過ぎますか?)

ランボルギーニセットをご紹介

pull-back-car-2.jpg ランボルギーニ 350GT。ドアが開閉するし。デフォルメされているとはいえ、ランボルギーニ最初の市販車を楽しめます。

pull-back-car-3.jpg カウンタック LP400。ランボルギーニの中でも自分の中では一番メジャーな一台。

pull-back-car-4.jpg ランボルギーニ・ミウラ。スーパーカー時代を感じさせますね。

pull-back-car-5.jpg カウンタック LP500。いかつさが元トラクター製造会社であることを髣髴させる!?というのが個人的な意見。

pull-back-car-7.jpg ランボルギーニ・ウラッコ

pull-back-car-6.jpg ランボルギーニ・ムルシエラゴ

さて、今回行われているプルバックカーキャンペーンはロードスターとS2000です。ワンダゼロマックスの詳しい情報はhttp://www.asahiinryo.co.jp/wonda/zm/index.htmlへどうぞ。

ワンダさん、おかげさまでどうやら私が小学生の頃のミニカー集め癖に火がついてしまったようですwwノベルティ広告の記事で60年代に思春期を過ごした人にその頃ヒットした冒険小説をプレゼントしたなんていうレクサスの事例をご紹介しましたが、まさにそれに近いターゲティングですよね。

メタボが気になる76世代周辺の方々には嬉しいサービス!?

景品キャンペーンを科学する うける!ノベルティ―これからのデザインは『法則』から生まれる
景品キャンペーンを科学する うける!ノベルティ―これからのデザインは『法則』から生まれる
価格:¥ 2,520
平均評価:4.0
納期:通常24時間以内に発送

Amazon で詳細を見る
by WEB担当者専門書店
スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする