コンセントを抜き差ししないでも待機電力の消費を抑えて節電できる差込プラグのコンセプト デザイン。

コンセントを抜いて節電するなら差込プラグを変えようというアイデア

2009-11-01 | Sigeo | 0 | カテゴリ ガジェット・家電

差し込みプラグ を エコ にするコンセプト Power Socket SWITCH

長期間外出する際にテレビのコンセントをプラグから抜いたり、OAタップを使って節電する人は多いでしょう。

しかし、そもそも差し込みプラグでON/OFFを操作できても良いのではないかとも言えますよね。

今回はそんな差し込みプラグの秀逸なコンセプトをご紹介します。

スポンサードリンク

差し込みプラグ を エコ にするコンセプト Power Socket SWITCH

エコな差し込みプラグのコンセプト ↑デザインもなかなか秀逸。これぞ電源という感じもしますよね。

switch ひねってON/OFF ↑プラグをひねるだけでON/OFFの切り替えができるようになっています。抜き差ししなくて良いのが素晴らしいポイント。

switchの構造 ↑SWITCHの構造はこのようになっています。電源アイコンのデザインが本当に有効活用されていますよね。

待機電力で、全体の11%もの消費電力が発生しているんだとか。これは国や商品によってかなり違いが出てくると思いますが、決して無視できるものではありませんよね。

それ以外にも、子供の安全や、コンセントの抜き差しによる火災の防止など、このコンセプトが実現することによって、いろいろなメリットがありそうです。

Source:Yong-jin Kim,Via:Yanko Design

クラッシュ・マーケティングクラッシュ・マーケティング
価格:¥ 1,995
平均評価:
納期:近日発売 予約可
Amazon で詳細を見る by ビジネスに使えるノート術
スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする