今回は、どちらかというとクリエイティブな海外の目の錯覚を上手く利用した広告をご紹介します。 目の錯覚を利用した広告いろいろ アメリカ 赤十字の広

目の錯覚をうまく利用したクリエイティブな広告いろいろ

2007-11-11 | Sigeo | 0 | カテゴリ 世界のおもしろ広告, 目の錯覚

目の錯覚の広告

今回は、どちらかというとクリエイティブな海外の目の錯覚を上手く利用した広告をご紹介します。

目の錯覚を利用した広告いろいろ

アメリカ 赤十字の広告

redcross_ad1.png

redcross_ad2.png

↑米赤十字が行った、「地震の危機を認識しようキャンペーン」での目の錯覚広告。風景とあわせて危機を認識させるところがうまさを感じさせます。
American Red Cross

交通安全キャンペーン広告

road_accident.jpg

↑「横断歩道を渡りましょう。」すごく危険を感じさせてくれる広告ですね。逆に運転手の視界をさえぎってしまうのでは?ちょっと不安。。。

ギネスビールの錯覚広告

guinness2.jpg

↑ラグビーアイルランドチームのオフィシャルビールとしての広告。空が紙になるとすごい威力を感じさせますね。

guinness4.jpg

↑確かに芝生が紙ならこうなりますww

guinness3.jpg

↑ただ破くだけでなく、活字が飛び散っています。すごくクリエイティブ。

ショッピングモールの広告

ad4.jpg

↑女性がターゲットのカナダのショッピングモール「Rive Nord」。ハンガーってこんな表現を出来るんですね。

ScreenShot012.gif

↑サイトもクリエイティブ。
Rive Nord

リプトンの広告

ad3.jpg

↑グリーンアイスティで爬虫類になれる?

ベルギーのミネラルウォーターメーカー「BRU」の広告

ad2.jpg

↑グループ会社にレストランもあるため、こういった広告をしているのでしょうか。

ScreenShot013.gif

↑これが「BRU」のサイト
BRU

「Penline」の錯覚広告

penline.jpg

Penlineはオーストラリアの文房具メーカー。この系統のメーカーは3M以外では初めて見たような気がします。サイトはちょっと、あれですが。。。
PENLINE

エスカレーターの注意喚起広告

movingstairs.jpg

↑これはかなり効きそうですね。助けに急いで怪我をさせてしまうリスクも抱えますが。

目の錯覚を利用して、その場に起こりうる事を伝えるという手法は考えさせられるものがありますね。でも一般的なCMなどと同じで、一回見ただけではすぐに忘れてしまうのが人間です。繰り返し見せたり、特徴のある音楽やキャッチフレーズなどと合わせる事によって初めて人の意識に入り込むことが出来るわけです。

本当に効果的な手法は、これらのクリエイティブな広告とあわせて、何らかのアクションを起こさせるようなキャンペーンを展開することなのかもしれません。

関連情報

全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術
全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術
価格:¥ 1,470
平均評価:4.0
納期:通常24時間以内に発送

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

Google AdWords 成功の法則Google AdWords 成功の法則
価格:¥ 1,680
平均評価:
納期:在庫あり。
Amazon で詳細を見る by iPhoneで会社を活性化
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする