URLでサイトを開く際に「.com」だか「.jp」だったかよくわからん。なんてことは良くあるはず、実はGoogleでURL検索すると、間違ってい

GoogleがURLを検索した際のタイプミス検索結果を使いやすくしていた

2007-10-17 | Sigeo | 0 | カテゴリ Google 全般, Google検索方法マニュアル

GoogleがURLの検索タイプミスをサポート

URLでサイトを開く際に「.com」だか「.jp」だったかよくわからん。なんてことは良くあるはず、実はGoogleでURL検索すると、間違っていてもちゃんと教えてくれるそうなんです。

Google Tries to Fix Broken Linksより。

スポンサードリンク

GoogleのURLタイプミス補助検索

タイプミスには「誤字」と「脱字」に分かれますので、それぞれを検証してみました。

米国版「誤字」検索結果

Google.comでの「誤字」URLタイプミス

↑これがGoogle.comで発見された存在しないURLでの検索結果、「flickr.com/end」と間違えて打っているのですが、しっかりと似たようなURLで存在するページを表示してくれています。(検索例

日本版「誤字」検索結果

Google.co.jpでの「誤字」URLタイプミス

↑日本ではどうなんだという訳で早速試すと、同じように似たようなURLを表示してくれています。(検索例

そして、スペルが分からない時にもありがちな「脱字」はどうかというと。

米国版「脱字」検索結果

Google.comでの「脱字」URLタイプミス

↑間違っていない状態の検索結果が表示され、上部に「もしかして」提案が表示されています。(検索例

日本版「脱字」検索結果

Google.co.jpでの「脱字」URLタイプミス

↑日本版も同じく間違っていない状態の結果を得ることができ、上部に「もしかして」も表示されています。(検索例

外国人よりも英語に弱い日本人にやさしい検索補助機能だとは感じませんかww?URLやスペルの記憶があいまいなときに使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする