スマートフォンでも編集できるようになったGoogleドキュメント(ワード相当)

GoogleドキュメントをiPhone(スマートフォン)から編集してみた

2010-11-22 | Sigeo | 1件 | カテゴリ Google 全般

モバイルからドキュメントを編集

先日Googleが、Googleドキュメント(ワードに相当)のモバイル版に編集機能を付けたと発表しました。(Official Google Docs Blog

スプレッドシート(エクセルに相当)は、以前からリスト形式で編集が可能になっていましたが、ドキュメントはどうなのか気になるので、早速試してみました。

スポンサードリンク

スマートフォンから作成、編集可能になったGoogleドキュメント

今回モバイル版のGoogleドキュメントに編集機能がついたのは、英語版(米国)のみ。随時各言語にも対応するとのことですが、英語版で新規作成されたドキュメントであれば日本語版に戻してもスマートフォンから編集することができます。(つまり一度英語版に切り替えて新規作成すればOK。)

iPhoneから新規作成、編集したGoogleドキュメント

↑まるでここに書かれているような感じですが、Googleドキュメントを一般公開してページに埋め込んだものです。

あまり外部へ公開したくない情報の場合、これを表示させたい部分に埋め込んでおいて、スマートフォンから随時更新するというやり方もありそうですね。

Googleドキュメントをスマホから新規作成

スマートフォンからGoogleドキュメントを開くと、新規作成というアイコンがあります。これをクリックするとドキュメントとスプレッドシートの新規作成画面が開きます。

新規作成画面
↑こちらが新規作成画面。スプレッドシートとドキュメントから選べます。

編集しているところ
↑編集時はこのような画面になります。パラグラフ(改行)ごとにエクセルのセルになっているような感じで編集できます。

Edit(編集)ボタン
↑英語版で新規作成したドキュメントには、右上に「Edit」というボタンが付いているので、それを押すと編集モードになります。

編集内容の反映がどれくらいリアルタイムなのかをテスト

↑Wi-Fi環境で試したのですが、そこまで反映が速いわけではありません。しかし、ここまでリアルタイム性があると、おもしろいことが実現できそうですよね。

Googleのデモ動画

↑コラボレーションの可能性だとか、声をテキストにしてしまうことの便利さを感じさせてくれるデモ動画。日本語も早くテキストへ変換できるようになると良いですね。

Googleドキュメントを英語版にする方法

まずGoogle ドキュメントを開きます。

そして画面右上にある、「設定」をクリックし、「ドキュメント設定」をクリックします。
ドキュメント設定

設定画面が開いたら、「言語」をドロップダウンリストの中から「English(US)」を選び、「保存」を押して変更します。
English(US)

この状態でGoogleドキュメントを新規作成すると、スマートフォンからGoogleドキュメントを編集可能になります。

一昔前までは、会社の書類を外から更新するなんて考えられませんでしたよね。やるとすればリモートを使ったり、フラッシュメモリに入れておいてノートPCから編集するといった方法でした。

それに比べてずいぶんとスマートになってきたものです。ふと、昔営業で出張していたときに、外付けハードディスクを携帯していたことを思い出しました(笑)

Via:Official Google Docs Blog

iPhone+iPad×Googleでビジネスを加速する方法iPhone+iPad×Googleでビジネスを加速する方法
価格:¥ 1,554
平均評価:4
納期:在庫あり。
Amazon で詳細を見る by iPhoneで会社を活性化
スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“GoogleドキュメントをiPhone(スマートフォン)から編集してみた”へのコメント1つ

  • いけ: 2011-02-14 17:12

    とても参考になりました!ありがとうございます
    言語を英語にしたら編集できるとは知りませんでした
    google docsほんと便利ですね


コメントする