ボタンの中に開いていたセッションを保存できる。

Google Chromeで開いているすべてのタブを保存できる拡張機能「Simple Window Saver」

2012-02-29 | Sigeo | 0 | カテゴリ Google Chrome

開いているウインドウをワンクリックで保存できるChrome拡張機能

Google Chromeで開いているタブすべてを保存する拡張機能には、セッションマネージャーSavetabsがあります。しかしどちらも一長一短でブラウザが重くなる、あるいはブックマークバーがいっぱいになるといった欠点も持っています。

今回ご紹介するのは、これら開いているタブの保存を、セッションマネージャーのように、ボタンに保存することができる拡張機能です。

スポンサードリンク

開いているウインドウをワンクリックで保存できるChrome拡張機能

Simple Window Saver」は、Google Chromeで開いているすべてのタブ(セッション)を、ワンクリックで名前を指定して保存することができるChrome拡張機能。

開いていたすべてのタブ(セッション)をもう一度開くには、ボタンを押して、該当のセッションをクリックするだけです。

ボタンひとつでウィンドウを保存

タブを保存
↑ボタンを押すと、現在開いているウインドウのすべてのタブを保存できます。保存すると、ボタンにチェックマークがつきます。

名前をつける
↑保存するときに名前をつけることも可能。


↑セッションは複数保存しておけるので、タスクによって開くページが決まっている場合、ここに保存しておくのも便利そうですね。ちなみにセッションを開くときは、新しいウインドウで保存したすべてのタブを開きます。

削除
↑不要なセッションは×ボタンで削除。

興味がある方はSimple Window Saverへどうぞ。

用途によっては冒頭で挙げた拡張機能のほうが便利かもしれませんが、手軽かつブラウザに負担をかけないという点が良いですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする