「一年の計は元旦にあり。」と言いますが、もう今年の計画を立てられたでしょうか。既に立てた人も、まだ立てていない人にも、今年一年を充実させるための

今年を最も良い年にするための3つのシンプルな方法

2008-01-04 | Sigeo | 0 | カテゴリ Lifehacks

年間の目標設定、そして実行するシンプルな方法

一年の計は元旦にあり。」と言いますが、もう今年の計画を立てられたでしょうか。既に立てた人も、まだ立てていない人にも、今年一年を充実させるための3つの方法をLife Optimizerのエントリよりご紹介。

スポンサードリンク

2008年を最も良い年にするための3つのシンプルな方法

以下の3ステップのうち、あなたが今いる場所はどこになりますか?
PDCサイクルの大目標版として今年一年間頭においておきたいことですね。

  1. 今年の目標を決める
  2. 多面的に成功するための戦略を決める
  3. 振り返りをおこなう習慣をつける

上記の3ステップを、ネタ元で著者の「失敗談」を交えて紹介していましたので超訳いたします。失敗談を知ることによって基本的な内容でも、よりロジカルに理解することができるのではないでしょうか。

1. 今年の目標を決める

数年前、私は数個の目標をその年の初めに立てました。 残念ながら、私はあとで1つの目標も達成されなかったことに気付きました。 これはそれ以降の年にも再び起こりました。

結局、私はなぜ失敗したかという理由が「焦点のズレ」にあることに気付きました。私は努力する方向性をバラバラにするような多くの目標を設定しすぎてしまったのです。

これを理解することによって、私は目標設定の方法を、「2つだけ目標を立てる」ことに変えました。その結果は今までよりもずっと良くなりました。私は1つの目的を達成し、2番目の目標を部分的に成し遂げました。

2008年まで話を進めますが、私は今1つの目標しか持っていません。私はたった1つの目標を持っていることが大幅にそれを成し遂げる可能性を増やすと考えています。

あなたがもしそうしていないようであれば、今年の目標を設定してください。 出来れば1つの目標しか設定しないでください、もしもっと多く設定したくとも、多くても2つまでにしてください。目標を設定する際に重要なことはただひとつ。目標が明確で、適度であることです。

例えば、「2008年は今までより高い収入が欲しい」というような目標では不十分です。 あなたは明確な数値を指定すべきで期日設定も加えるべきです。 良い目標はこのようなものです。「その年の終わりまでに1ヶ月につき50万円を稼ぐこと。」 このような特定の適度な目標を持っていることはあなたがそれを成し遂げたかどうか知ることを可能にします。

ロジカル且つシンプルな目標設定、非常に大事ですよね。今年の終わりの「自分のあるべき姿」を数値化することによって、目標進捗を確認することも容易になるし、軌道修正するタイミングも逃しません。

2. 多面的に成功するための戦略を決める

わたしたちは皆、成功する1年を欲しています。良いスタートを切るには成功のための「金銭面」、「精神面」、「肉体面」そして「社交面」の4つの面における戦略を設定するべきです。

あなたはそこで繁栄を向上するために各面で何をしたいかはっきりさせるべきです。 4つ全ての面において戦略を設定することによって、全体としてのあなたの生活は充実するはずです。

以下に4つの面の戦略例を記しておきます。

金銭面
1ヶ月につき2つの新しい収入源(又はビジネスモデル)を見つける
精神面
普段から一日に少なくとも30分間、熟考する
肉体面
少なくとも1週間に3回、20分間のエクササイズをする
社交面
1週間につき少なくとも新しい1人と知り合うようにする

いくらでも多くの戦略を設定してかまいません。これらの戦略は各面においてあなたが努力するための指針として作用します。 それらは、あなたが各面において的を射たことをすると保証します。

そのような指針がなく、1つか2つの面に重点を置いて、残りを犠牲にすることはとても安直すぎます。

指針、又は指標というものは、数多く持っているほうが大きな目標に近づく助けになるというものですね。多面的に見て、「あるべき姿」を分解して考えることが重要です。

3. 振り返りをおこなう習慣をつける

もしあなたが振り返りを行わなければ、その年を成功へ導くために設定した目標と戦略があまり意味を成さないものになってしまいます。 その年の針路を進む間、間違いなくあなたが針路を逸脱する機会があり、それを軌道修正する必要があります。

あなたが軌道修正を行うのは振り返りの時間ですが、なぜその振り返りを習慣にする必要性があるのかを理解していなくてはなりません。 一般的に、最も良い振り返りの頻度は週ごとです。 この週間の振り返りであなたは年目標を達成するための成功戦略の進捗をチェックできます。

振り返りの習慣は、あなたが1年の間、常に目標に向かって最短距離で進むことを手伝ってくれます。

しっかりと振り返りを行わないと、ズレズレのまま突っ走ってしまいかねません。最近では月次目標を週間に落とし込んで進捗を追うスタイルの企業も増えてきているのではないでしょうか。そのためにも週間に行ったことが一目で分かるように準備しておくことも大事ですね。

これらの3ステップはシンプルに見えるかもしれません、しかし、今年をあなたの最も良い年にするためにあなたに大きなアドバンテージを与えることができます。 出発する最も良い時はもちろん今すぐです。

少しでもあなたの目標設定の参考になれば幸いです。
私も今日から仕事始めになりますが、再度この機会に今年の目標を見直してみようと思います。

関連情報

仕事が必ず達成できる目標管理マニュアル―目標設定・プロセス管理・実績評価実践シート (アスカビジネス)
仕事が必ず達成できる目標管理マニュアル―目標設定・プロセス管理・実績評価実践シート (アスカビジネス)
読むだけで終わらない 実用的な本
価格:¥ 1,575
平均評価:5.0
納期:通常24時間以内に発送

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする