Androidの場合、Google+のアプリを使えば「ページを共有】メニューからG+へ投稿することができますが、困るのはiPhoneやiPad。

iPhoneやiPad(iOS)でGoogle+へカンタンに共有するブックマークレットを簡単設定する

2011-12-30 | Sigeo | 0 | カテゴリ iPhone / iPad アプリ

iPhone、iPadからGoogle+へ共有するブックマークレット

Androidの場合、Google+のアプリを使えば「ページを共有】メニューからG+へ投稿することができますが、困るのはiPhoneやiPad。Google+で投稿しようと思っても、なかなかカンタンには投稿することができません。

そこで今回はiPhone、iPadからカンタンにGoogle+へ共有することができるブックマークレットとその設定方法をご紹介します。

スポンサードリンク

iPhone、iPadからGoogle+へ共有するブックマークレット

まず、このブックマークレットの動きをご紹介します。

G+で共有
↑共有したいページをSafariで開き、ブックマークから「G+で共有」を押すと、

Google+の投稿画面
↑Google+の投稿画面が、開いていたページのタイトルとURLが入力された状態で開きます。

この画面で共有するサークル、位置情報の設定をおこなって投稿することができます。(投稿するとたまにエラーになりますが、投稿はおこなわれるようです。)

設定方法

iPhoneやiPadのブックマークレットを追加する方法って意外と面倒ですが、少しだけ追加しやすくしてみました。

1.まず、iPhoneやiPadで「G+で共有」のページを開きます。

2.ページを開いたら、画面を少し拡大し、表示されているテキストの上で指をちょっと長押しして、テキストが選択されたらコピーボタンを押します。
コピー

3.次に今開いているページのまま【ブックマークに追加】ボタンを押します。
ブックマークに追加

4.そしてブックマークを保存します。ここではブックマークバーに追加。保存先はご自分が一番使いやすいフォルダが良いと思います。
ブックマークを保存

5.保存が完了したら、今度はブックマークボタンを押します。

6.左下の【編集】を押します。
編集

7.次に「G+で共有」を押します。
G+で共有

8.編集画面が開いたら、2行目のURLが表示されている欄をクリックし、×を押します。
URLを消す

9.URLが消えたら、「アドレス」の欄を長押しして、【ペースト】ボタンが表示されたらそれを押します。
ペースト

10.画像のように問題なく貼り付けられたら、右下の【Done】を押します。
Done

11.そして次の画面で左下の【完了】を押します。
完了

12.右上の【完了】を押します。これで設定は完了です。
完了

理想としては、こんなことをしなくてもカンタンに共有できるものなのですが、なかなかうまくいかないものですね。

Via:Share From Anywhere Google+ Bookmarklet

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする