指定した時間に投稿を削除。

TwitterやFacebookの投稿を【あとで消せる】削除予約投稿ツール「Delete it Later」

2014-05-07 | Sigeo | 0 | カテゴリ WEBツール・サービス

deleteitlater

TwitterやFacebookの投稿を、一定の期間だけ表示させておき、期間を過ぎたら投稿自体を削除したい、なんてこともあると思います。

これを手動でやろうとすると、わざわざToDoリストに入れておいて、ひとつずつ削除する手間が発生するところです。でもどうせなら自動で削除してくれたほうが楽というもの。

今回は、そんな投稿の削除を自動でおこなってくれるサービスをご紹介します。

スポンサードリンク

Twitter、Facebookの投稿を削除予約投稿できる「Delete it Later」

Delete it Later」は、Twitter、Facebookの投稿を指定した日時に削除できるサービス。

管理画面上で投稿の状況を確認することもできるようになっています。

削除予約投稿したツイート

deleteitlater6
削除予約をした投稿はこちら。通常の投稿との違いはないように見えます。

deleteitlater7
指定した時間以降に見ると、タイムラインから見事に消えております。

埋め込んだツイートはこのような感じになります。

Twitterの埋め込み機能では、ベタのテキストが埋め込まれるので、内容は残ります。リツイートされた場合でも他人のタイムラインに残るのでしょうけれど、自分のタイムラインでは期間限定で見せたい、というときに使えそうですね。

投稿内容と削除日時を設定

deleteitlater1
削除予約をするには、サービスサイト上の投稿画面で投稿する文章を入力し、削除する日時をカレンダーから設定します。

deleteitlater2
投稿を完了すると、Feed欄に投稿内容と削除日時が表示されます。

削除日時の変更も可能

deleteitlater3
Feed欄で【Update】ボタンを押すと、削除日時の変更もおこなうことができます。

deleteitlater4
【Delete now!】ボタンを押して即削除することも可能。

Facebookはステータスとリンク、写真も対象

deleteitlater5
Facebookアカウントを連携させると、こちらは「ステータス/リンク」か「写真」の投稿を削除日時指定することができます。

興味があるかたはDelete it Laterへどうぞ。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする