軽さと自分専用のURLが貰える点で良さそうなソーシャルチャットサービス。

サイト埋め込み可能 Twitterアカウントでも入れるチャットルーム「Wireclub Social Rooms」

2009-03-13 | Sigeo | 0 | カテゴリ WEBツール・サービス

サクサクなチャットルームをサイトに埋め込めるサービス

チャットをサイトに埋め込めるサービスいろいろとありますが、今回のサービスも軽さと自分専用のURLが貰える点で良さそうです。

スポンサードリンク

サクサクなチャットルームをサイトに埋め込めるサービス

Wireclub Social Rooms」は、自分専用のチャットルームを作ってブログやサイトに埋め込むことが出来るサービス。

訪問者がTwitterアカウントでチャットルームにログインすることもでき、名前のとおりソーシャルなものを目指しているようです。

「Wireclub Social Rooms」の特徴

  • 自分専用のチャットルームを作れる
  • サイト埋め込み可能
  • シンプル且つ軽い
  • チャット参加ボタンあり
  • WordPressプラグインあり
埋め込んだチャットルーム
↑これが埋め込んだチャットルーム。「WebbyChat」と同じくらいの軽さを感じます。 Twitterアカウントでログインして入室することも可能。
チャット参加ボタン
Join my Chat Room: web matketing
↑この2種類を作成可能。
WordPressプラグイン
↑Wordpressプラグインも用意されていて、 [embedchat name=”your room name” height=”desired height”] や [embedchat] でチャットを埋め込めるようになります。 ボタンも [chatbadge name=”your room name”] で貼り付けられるようです。
プラグインはWordPress › Wireclub Embedded Chat for WordPressからダウンロードできます。

試してみたい方はWireclub Social Roomsへどうぞ。

このサービス、APIやチャットルームのカスタマイズ、そしてさらに多くのソーシャルサービスとの連携も視野に入れているようで、今後にも期待が持てそうです。

またサービスサイトにもあるように、世界統治が狙いのようでw それがチャットサービスとして実現するとなるとおもしろいですよね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする