使い始めてもうすぐ10年が経過するGoogle ドライブのストレージ容量を節約してみる。

Google ドライブのストレージ容量が心許なくなってきたので掃除してみた

2015-09-24 | Sigeo | 0 | カテゴリ Gmailの使い方

いっぱいになりそうなストレージ容量

数カ月前に、無償で2GB容量アップできるセキュリティ診断のボーナスを受け取ったものの、それでも78%使用中という状態で、残りわずか3.7GBという状態になってしまった私の個人Googleアカウント。

会社はGoogle Appsなので容量的にもまだまだ余裕があるものの、個人で有料アカウントというのも、大半がメールなんだし、なんだかなと思うわけです。そのようなわけで、今回はGoogleドライブの掃除をしてみたいと思います。

スポンサードリンク

Google ドライブを掃除してみた

そんな私のドライブ ストレージ容量はこんな感じです。

Gmail     :9.80 GB
Google フォト :3.42 GB
Google ドライブ:0.21 GB
──────────────────
合計容量    :13.43 GB/17 GB(78%使用中)

ほんとに、大半がメールの容量ですね。そんなに添付ファイルもないはずなのに、こんなにも溜まってしまっているとは。。。

Gmailは、思えば2006年から使い始めているので、そろそろ10年が経とうとしているわけです。ちりも積もればなんとやらですねこれは。

ちなみにご自身の消費容量はドライブ ストレージのページでご確認いただけます。

というわけで、ストレージ容量を圧迫しているGmailの調査をおこなってみます。

添付ファイルを疑ってみる

まず、一番大きそうなのがこれ、添付ファイルですね。一定容量以上のファイルが添付されているメールを探してみます。

ここで使えるのが、

has:attachment larger:10m

という詳細検索の演算子。「ファイルが添付されている」かつ「容量が10M以上」で絞り込むことができます。

10MB以上のファイルが添付されているメール。

10MB以上のファイルが添付されているメール。

、、、全然ないですね、数件しかありませんでした。こういった場合は、容量を少なくしてみるのも良さそうです。

has:attachment larger:5m

容量を5MBにしてみました。

5MB以上のファイルが添付されているメール。

5MB以上のファイルが添付されているメール。

一気に増えましたが、それでも30件程度です。う~ん、どうやら添付ファイルが問題ではなさそうです。

メール自体を疑ってみる

そもそもいったい何件のメールが保存されているのかを見てみました。

「すべてのメール」を開く

「すべてのメール」を開く

「すべてのメール」を開いて件数を見てみます。

なんと33万件超のメールが。。。

なんと33万件超のメールが。。。

10年の歴史はすごいものですね。メールを削除した時にGoogleが「Gmail には十分な容量があるので、スレッドを破棄する必要はほとんどありません。」なんてことをコメントしますが、その「ほとんど」を超える状況になってしまうわけですよね、これは。

ゴミ箱におけるGoogleのコメント。

ゴミ箱におけるGoogleのコメント。

さて、原因もなんとなくわかってきたので、不要なメールをどんどん消していきたいと思います。過去にメルマガなどを「メルマガ」というラベルを付けて振り分けていたので、ラベルごとに削除したり、送信元メールアドレスなどで絞って削除をしていきました。

このメールを絞り込む際に使えるのが、「◯年以上前のメール」で絞込をする演算子です。

同じ送信者でも、直近のメールだけは残しておきたい、ということもあるでしょうから、

from:送信者のメールアドレス older_than:3m

といったように、送信者のメールで3ヶ月以上前のメールに絞る。ということができます。

1年以上前なら、older_than:1y、15日以上前ならば、older_than:15d、といったようになります。

検索して画像左上のチェックボックスにチェックを入れた結果、メール数が「多数」と出る場合は、「この検索条件に一致するすべてのスレッドを選択する」をクリックして一気に削除対象のメールを選択します。

、「この検索条件に一致するすべてのスレッドを選択する」をクリックして一気に削除対象のメールを選択。

検索して画像左上のチェックボックスにチェックを入れた結果、メール数が「多数」と出る場合は、「この検索条件に一致するすべてのスレッドを選択する」をクリックして一気に削除対象のメールを選択します。

「この検索条件に一致するすべてのスレッドを選択する」ことによって、一気に100件以上のメールを選択して削除できます。

「この検索条件に一致するすべてのスレッドを選択する」ことによって、一気に100件以上のメールを選択して削除できます。

このようにメールを一気に削除していき、最後にゴミ箱を空にすれば掃除完了です。

「[ゴミ箱] を今すぐ空にする」をクリックしてゴミ箱を空にします。

「[ゴミ箱] を今すぐ空にする」をクリックしてゴミ箱を空にします。

さて、この削除作業で合計80,000通弱のメールを削除しました。その結果は、

約8万通削除することで2 GBの節約に。

約8万通削除することで2 GBの節約に。

Gmail     :7.80 GB
Google フォト :3.42 GB
Google ドライブ:0.21 GB
──────────────────
合計容量    :11.45GB/17 GB(67%使用中)

8万通のメールを削除することで、2GBの容量を確保することができました。いかにメールの受信数が容量を食っていたかがわかりますよね。このまま単純計算しても1.7GBほど残ってしまう計算になりますが、これはおそらく誤差の範囲でしょう。

これでもまだ25万通のメールが残っている状態ですので、本当に必要なメールだけに絞ることができれば、さらに容量を節約できそうです。

まとめ

Googleドライブは、スプレッドシートやドキュメントを使えば容量を消費しませんし、Google フォトも「高画質」に設定しておけば、こちらも容量は無制限になるので容量を消費しません。ですから、とにかく不要なメールを掃除しておくこと、あるいはどうでも良いメールは他のサービスを使うなどの対処をしておくことで、容量を節約することができそうですね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする