個別の動画のパフォーマンスを分析するのに向いている動画解析サービス。

埋め込み動画のパフォーマンスを分析するのに最適な「Ooyala」

2009-07-27 | Sigeo | 0 | カテゴリ WEBツール・サービス

サイトに埋め込んだ動画のパフォーマンスを測れる「Ooyala」

YouTubeの解析機能「Insight」でも、動画の再生状況を解析することは可能ですが、今回は個別の動画のパフォーマンスを分析するのに向いている動画解析サービスをご紹介。

スポンサードリンク

サイトに埋め込んだ動画のパフォーマンスを測れる「Ooyala」

Ooyala」は、埋め込み動画の解析を行える動画ホスティングサービス。無料で利用できる上限は限られていますが(動画10個くらいのイメージ)動画への広告の挿入なども行えるため、より効果的な動画配信を期待できるサービスになっています。

サンプル動画

↑プレイヤーの右下にウォーターマークを表示させることも可能。

動画のパフォーマンスを解析


↑動画がどこまで再生されたかというデータを視覚化。動画をプレビューしながら停止された場所を確認できるのも参考になります。


↑ダッシュボードでは解析結果のサマリーを表示。


↑表示回数と再生回数の比較も視覚化。

Adobe AIR版のダッシュボード


↑Ooyala – Backlot ClientのページからAIRで動作する管理画面をダウンロード可能。WEB版の管理画面では日本語が通りませんが、AIRの管理画面では、日本語を入力することが可能です。

プレイヤーのブランディング


↑「Account」タブの「Player Branding」で、ウォーターマークを編集できます。

動画埋め込みタグの取得方法


↑埋め込みタグは、動画アップロード後に「Content」タブを開き、左メニューの「My Content」を選択して表示される動画一覧から取得できます。HTML版、Flash版から選択可能です。

興味のある方はOoyalaへどうぞ。

テレビの視聴率もシビアなものですが、ネット上の動画ではさらにシビアになります。ユーザビリティの向上に動画を利用しているならば、こういったサービスを使って最適化していくことも重要でしょうね。

Via:delicious

Google Analytics 完全解説Google Analytics 完全解説
価格:¥ 2,940
平均評価:
納期:一時的に在庫切れですが、商品が入荷次第配送します。配送予定日がわかり次第Eメールにてお知らせします。商品の代金は発送時に請求いたします。
Amazon で詳細を見る by マーケティングリサーチのデータなら
スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする