2009年最初の目の錯覚。 今回はAT&Tが展開したハンドペイントの広告をご紹介。 ボディアートとしてだけでなく、グローバルを意識した

ボディアートを使ったAT&Tの不思議な目の錯覚広告


AT&Tのハンドペインティング広告

2009年最初の目の錯覚。 今回はAT&Tが展開したハンドペイントの広告をご紹介。 ボディアートとしてだけでなく、グローバルを意識した広告であるところも良いかも。

AT&Tのハンドペイント広告

↑熱帯魚とサンゴをイメージしたもの。

↑インド象の闘い。

↑2頭のチータ。

↑ゲイシャとケータイ。

↑Picasaウェブアルバムで顔認識されるほどのエジプト人。

↑万里の長城とケータイ。

ボディアートと言えば世界中で受け入れられる楽しいもの。それを広告に使ってグローバルなサービスであることを訴えかける。 なかなかうまいですよね。

Via:Guido Daniele’s AT&T Hand Paintings

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

Google AdWords 成功の法則Google AdWords 成功の法則
価格:¥ 1,680
平均評価:
納期:在庫あり。
Amazon で詳細を見る by iPhoneで会社を活性化
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする