Googleマップをバードビューのように表示して、奥行きを感じさせることが出来るようになる

Googleマップを3Dで表示させるMaps Flash APIのサンプルいろいろ

2009-08-02 | Sigeo | 0 | カテゴリ Google マップ, Google 全般

Googleマップを3Dで表示する「Maps API for Flash」サンプル

Googleマップを3Dで、つまりバードビューのように表示して、奥行きを感じさせることが出来るようになるのがMaps Flash API。

そのサンプルがいくつか紹介されていたので書きとめておきます。

スポンサードリンク

Googleマップを3Dで表示する「Maps API for Flash」サンプル

いままでは、3Dのマップを表示するにはGoogle Earth プラグインを使う必要がありましたが、Maps API for Flashによって、Googleマップで3Dのマップを表示させられるようになります。

そのサンプルが、Google Geo Developers Blogで紹介されていました。

Google Maps for Flash API のデモ動画

Weather Radar GroundOverlay

↑2Dよりもグッと見やすくなっている天気図。

UK Weather Tour


↑イギリスの天気を3Dで表現したもの。ツアーボタンを押すと、テレビの天気予報のように各地を回りながら表示します。 UK Weather Tour

Driving Directions Photo Tour


↑車のスピード感と、景色が流れてくるような感じがおもしろい。 Driving Directions Photo Tour

PaperVision3D Scene


↑こちらはビルの屋上から次々に3Dのボールが飛び出してくるもの。作ったのは日本人のようです。 PaperVision3D Scene

3D Driving Simulator


↑いままで2Dだったドライブシミュレーターも3Dに。 3D Driving Simulator

Eiffel Tower KMZ


↑こちらはエッフェル塔。建物の3DモデルをGoogleマップ上に表示。 Eiffel Tower KMZ

Reprojected GroundOverlay

↑リアルな雲や氷を世界地図に表示させるマップ。やっぱりいままでとはまったく違いますね。

Streetview 3d Sync


↑こちらはストリートビューと連動している3Dマップ。 Streetview 3d Sync

もっとみたい方はGoogle Maps API for Flash Demo Galleryへどうぞ。

3Dで表示したいならグーグルアースと思っていましたが、プラグインなしでもブラウザ上で3Dのマップを見られるのはすごく良いですね。やはりカーナビはグーグルアースではなくてGoogleマップなのか!?

Via:Google Geo Developers Blog

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする