RTしてくれたひとの影響力も測れます。

Twitterで自分の投稿がどれだけRT(リツイート)されたかをランキングする「retweet」

2011-11-14 | Sigeo | 0 | カテゴリ Twitter (ツイッター)

Twitterで「自分の投稿がどのくらいRTされたか」を解析するサービスはいくつかあるものの、直近のデータに限られたり、どちらかというと楽しむためのシンプルな情報だけの場合も多いですよね。

もちろんそのような情報だけでも参考になるのですが、さらに深堀りした情報も欲しいところです。

そんなときに便利なのが、今回ご紹介するRT(リツイート)解析サービスです。

スポンサードリンク

自分がどれだけRT(リツイート)されたかを解析する「retweet」

Retweet」は、Twitterでの自分の投稿が、どれくらいRTされたかをランキング表示するオンラインサービス。

投稿ごとにRTしてくれたひとの影響力もランキング表示します。

直近の自分の投稿がどれくらいRTされているかを表示


↑自分の投稿がどれくらいRTされているか、時系列で見ることができます。

自分がRTされたツイートをランキング


↑いままでの自分の投稿が、どのくらいRTされたかをランキング表示します。

RTしてくれたひとの影響力をランキング


↑RTされた投稿の右側にあるアイコンをクリックすると、RTしてくれたひとが影響力順に表示されます。ここでいう影響力とはフォロワー数のようです。

自分がRTしたユーザーをランキング


↑自分が今までにRTしたユーザーをランキング表示します。

興味がある方はRetweetへどうぞ。Twitterアカウントを使ってOAuth経由でログインできます。

こういった解析サービスがバラバラと存在しているソーシャルメディアですが、そろそろ統合されたものが出てくるとうれしいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする