Yahoo! Financeによると、米Amazon.comが2008年から新しい支払い方法「Bill Me Later(請求書を後で送付)」を

米アマゾン 利便性を追求した支払い方法「後で請求書送付」を来年開始


amazon.jpg

Yahoo! Financeによると、米Amazon.comが2008年から新しい支払い方法「Bill Me Later(請求書を後で送付)」を開始する予定だそうです。

スポンサードリンク

クレジットカード払い以来の新しい支払い方法

「Bill Me Later」は、クレジットカードを使わずにオンラインショッピングをできる支払い方法。今となってはカード払いが当たり前のオンラインショッピングですが、10年前を思い返してみると、私もカード払いに抵抗を感じていました。でもネットですぐに買い物するためにはカードを使わざるを得ないため、いつしかそれが普通になっていますよね。

でも、これからオンラインショッピングでの消費増大が見込めるのはいわゆる団塊の世代、アメリカで言うところのベビーブーマーたち。彼らがより抵抗なくネットでの買い物をするには避けては通れないと踏んだのでしょう。

下記、Amazon.com Matt Swann氏のコメント。

「Bill Me Later」は、より簡単にオンライン・ショッピングをするために非常に顧客中心である方法を発展させました

Bill Me Laterとは

以下、元記事より超訳

Bill Me Laterとは、テクノロジー会社が購入経験を改善することによって有力なマーチャントをお得意様と関係させるのを手伝っている。

後で顧客に勘定書を送る支払い方法は、支払い方法の解決が何百人もの一流の小売り業者とお得意顧客の間の信用されている関係を確立して、維持するのを手伝うマーケティングテクノロジーであり、長く店頭で行われてきた手法である。 解決はアメリカ合衆国内にとても総体的に利用可能であるためにクレジットカード以来の最初の新しい支払い方法です。

日本でもNP後払い(サイト)のようなサービスがありますが、今後はこの支払い方法を選択する人も増えてくるのではないでしょうか。

ネットショッピングの際、最もよく利用するお支払い方法(決済手段)を教えて下さい

idx_img01.gif

オンラインショッピングをする人のほとんどがクレジットカード払いという市場調査結果も出ていますが、実際のところはネットでの買い物を躊躇している人が多いのではという考え方もできるわけです。今後消費が増加すると見込まれる顧客層の立場に立って考えれば、おのずと「後で請求書を送る」支払い方法がいかに必要不可欠であるかを見ることができますよね。現状を見ると、ネーミングだとか、いかに認知してもらうかがポイントになってきそうですが。

関連情報

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする