今年3月、クーポン券の印刷回数が昨年同月に比べて192%にもなった。

クーポンサイト「Coupons.com」が前年同月比192%の伸び

2009-04-12 | Sigeo | 0 | カテゴリ WEBマーケティング 関連

米クーポンサイト 対前年同月比192%のクーポン利用

Advertising Ageによると、アメリカのクーポンサイト「Coupons.com 」は、今年3月、クーポン券の印刷回数が昨年同月に比べて192%にもなったそうです。

スポンサードリンク

印刷されたクーポン券をお金に換算すると、なんと5700万ドル。日本円にして57億円にもなるんだとか。

CouponsのCEOはこの現象について、このように言っています。

“Consumers are using digital coupons to save on virtually everything they spend money on, from food to household essentials to entertainment items. We see no slowdown in sight.”

以下、超訳。

「お客さんは、食べ物から生活必需品、エンタメ用品の費用を抑えるためにデジタルクーポンを使っていて、その勢いはとどまるところを知らないと見ています。」

アメリカでは、米クーポンサイトがこの半年で急上昇なんていう統計結果も出ていて、カテゴリ別では就職系に次いで2位まで伸びてきています。

検索キーワードとしても「クーポン」「失業」「破産」などが対前年同月比2~3倍(米検索語「失業」、若年層と低所得者層が検索より。)で、まさに世の中の情勢を反映させていますよね。

日本でも、TVで紹介していたのでしょうか、Googleの急上昇ワードに「節約ブログ」なんてものが出てきていました。

こんな状況でも、みんな「我慢」はしたくないという心情なのでしょうね。

当該サイトが気になる方はCouponsへどうぞ。

トレンドで見てみる

分かりきってはいるものの、トレンドデータでも見てみました。

節約術とGoogleニュースで検索するだけで、⇒のように、わらわら出てくるところを見ても、その傾向は疑う余地もなし。

そして、ここ数年の検索トレンドを見ても、2008年に入ってから急激に伸びてきていることが分かりますよね。

「節約術」の検索トレンド

Google Insights for Searchのデータより。

このトレンドが縮小傾向になった頃が、景気回復の兆しとも言えるのでしょうかね。検索トレンドもおもしろいものです。

Via:Coupons.com Sees 192% Increase Over Last Year – Advertising Age – News

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする