いままでのドコモのプロモーションは、固定客をつなぎとめるもの。でも、そうは言っていられないほど顧客が減少してしまったから真逆のプロモーションにす

DoCoMo2.0 のキャッチコピーは、ドコモだから魔法の言葉!?

2007-05-19 | Sigeo | 0 | カテゴリ WEBマーケティング 関連

いままでのドコモのプロモーションは、固定客をつなぎとめるもの。でも、そうは言っていられないほど顧客が減少してしまったから真逆のプロモーションにする。

スポンサードリンク

DoCoMo2.0 CM その1

http://www.youtube.com/watch?v=r5Bgj8rrs4I

おかれている状況が変わったから、今回のDoCoMo2.0のような展開になったのは自然な流れなのですが、保守的なイメージのあるドコモだからこそ、今回のような「攻め」のイメージは強烈なインパクトを与えるんじゃないでしょうか。

電通出身、TUGBOATの多田琢さんが手がけるこのプロモーションもソフトバンクモバイルや明治学院のような今年の際立ったプロモーションのひとつとしてあげられるようになるのですかね。

ヒミツの技っていったいなんなんだろう。

その技にこそ、このプロモーションの意味が出てくるんだとは思いますが、どこまで長期的な戦略が練りこまれているのか非常に気になります。

人の気を引き、誰もが「何かあるぞ」と思うような曲を使い、人によってはちょっと死語に取られてもおかしくない「2.0」という言葉を使っているところから、一般的な人々を取り込もうとする感を受けますが、その一般的な人々にとって得なもの、または興味を引く「技」となるのでしょうか。

あのKDDIですら、日本国内の飽和状態に見切りをつけ、アメリカ在住の日本人から取り込み、展開しようと言うわけですから、内容を伴わなければ単なる「見せ掛け」、「変わった振り」になってしまいかねない。

ここまでやるからには、すごいモノを用意していてほしいものです。

DoCoMo2.0の目玉、2in1の切替をしている動画

http://www.youtube.com/watch?v=aUiXjXJ-MKk

DoCoMo2.0

http://docomo2.jp/top.html
DoCoMo2.0プロモーションサイト

DoCoMo2.0関連記事

  • DoCoMo2.0的ケータイは、「2in1」で反撃へ
五感刺激のブランド戦略
五感刺激のブランド戦略
価格:¥ 2,520
平均評価:5.0
納期:通常24時間以内に発送
Amazon で詳細を見る by WEBマーケティング ブログ
スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする