私も最近新しいサイトへトラッキングコードを設置するときに気づいたのですが、Google Analyticsの ga.js のトラッキングコードが

Google Analyticsのコード(ga.js)が新しくなった けど変更しなくても大丈夫

2009-01-21 | Sigeo | 0 | カテゴリ WEBマーケティング 関連

Google Analyticsのトラッキングコード変更

私も最近新しいサイトへトラッキングコードを設置するときに気づいたのですが、Google Analyticsの ga.js のトラッキングコードが新しくなりました。

特に変更する必要はないのですが、変更することによってどうなるかをご紹介します。

スポンサードリンク

新しくなった ga.js のトラッキングコード

今回変更となったのは、下記コードの太字部分の追加。 なんのためかというと、今までJavaScriptをoffにしているユーザーにメッセージが表示されるケースもあったのですが、そのメッセージを表示させなくするものなんだそうです。

<script type="text/javascript">
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." :
"http://www.");
document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js'
type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));
</script>

<script type="text/javascript">
try {
var pageTracker = _gat._getTracker("UA-●●●●●");
pageTracker._trackPageview();
} catch(err) {}
</script>

↑太字の部分が追加されています。

多くのブラウザが、JavaScriptのメッセージをデフォルトでOFFにしている中、Google Analyticsもその流れに合わせて表示させないようにしたということなんだとか。 確かに環境によってメッセージが出てしまうために、ここ最近では「何で出るんだ?」なんていうクライアントからの問い合わせを受けた方も多いでしょうね。

そういえば、昔 https:// のサイトへGoogle Analiticsタグを設置した際にメッセージが毎回出てきて困っていたことを思い出しましたw

特に今後実装される新機能に関わるものではないものの、気になるようであるとか、今までにユーザーさんから指摘されるようなことが会った場合は変更するのもひとつの手かもしれませんね。

Via:The short answer is.. you don’t have to change your snippet

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする