6つのサテライトスピーカーとサブウーファーで迫力と広がりのある音を楽しむ。

3Dサウンドで臨場感を感じるドック付Bluetooth内蔵スピーカーiLunar RBX-500

2013-07-16 | Sigeo | 0 | カテゴリ ガジェット・家電

iLunar RBX-500(アイルナー)

iLunarがある部屋なら、360度どこにいても、迫力のある3Dサウンドが広がってくる。iPhone/iPodドッグ付のスピーカーで、ここまでやってくれるのか、と感じました。

歳はとりましたが、いまでも迫力のある重低音には目がない私。iPhone 4を挿して、3D Enhancedモードのボタンを押した瞬間。本当に最高でした。

今回、サイバー・バズを通してオンキヨーモニターに参加する機会をいただき、iLunarを利用することになったので早速レビューしてみます。

スポンサードリンク

3Dサウンドが部屋中に広がるワイヤレスミュージックシステム「iLunar RBX-500」

iLunar RBX-500」は、iPod/iPhone用30ピンドックコネクタを搭載した、円筒形のスピーカー。

円筒形のボディには6cmのサテライトスピーカー6つと、底面に10cmのサブウーファー1つを搭載。部屋のどこにいても音が広がってきます。

足元に響く迫力ある重低音


↑本体底部に搭載された10cm、10Wのサブウーファーとバスレフポート。これが床に向けてシャキシャキとした重低音を響かせます。

6.1chサラウンドとは違う中心から広がる3Dサウンド


↑6スピーカーが円筒形の筐体の周りに配置され、サブウーファーが下に向かっている。これが音のおもしろい広がりを実現しています。置き場所にこだわらず音楽を楽しめるポイントです。

ENHANCEモードでカフェに居るようなジャズの響きを再現

iLunarに乗っているのはNexus7

カフェに行くのは、落ち着いて何かに集中したいときであったり、心地良いBGMの中でもの思いにふけりたい時だったりします。もしも自宅でそんな環境を創り出せたら、私はそれを実現してくれるのが、iLunarだと思っています。

美味しいコーヒーを淹れて、ジャズを広がりのある音で聞く。カフェにこもる回数が増えたかのようにも感じさせてくれます。

3D VOCALモードでボサノバの優しさが引き立つ

付属のACアダプタとリモコン。リモコンでは再生/停止などの基本機能に加え、ドックとBluetooth、Line入力切替などの操作も可能。

個人的にTHIS IS BOSSAが好きなので、敢えてボサノバと書かせていただきましたが、アーティストの歌声をより引き立ててくれます。

充電可能なiPod/iPhoneドック


↑劣化やノイズの混入が少ないデジタル伝送方式で、高音質な音楽を楽しめるドック。

30ピンドックコネクタなので、iPhone 3,4が対象になりますが、Apple Lightning – 30ピンアダプタ MD823ZM/Aを使えばiPhone 5をドックに挿すことも可能です。


↑iPod/iPhoneの充電にも対応した30ピンドックコネクタ

最安価格を調べたい方は楽天のiLunar価格一覧を、ONKYO DIRECTはこちらへどうぞ。

ご紹介した関連アイテム

オンキヨーモニターに参加中

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする