SNSへこだわりの写真を投稿しよう。

スマホにワイヤレスでつながるカードリーダー/Wi-Fiルーター「MeoBankSD」を使ってみた

2013-03-25 | Sigeo | 0 | カテゴリ ガジェット・家電

meobanksd

デジタル一眼レフカメラのユーザーであれば、ソーシャルメディアへ投稿する写真はスマホカメラで撮ったものではなく、デジタル一眼で撮った写真を投稿したいはず。しかし、その手順にひと手間かかってしまうので、結局スマホカメラで撮った写真を投稿していることも多いのではないでしょうか。

かくいう私もそうです。撮ったその場で投稿したいものだから、スマホで撮って投稿しています。なのでデジタル一眼で撮ったせっかくの写真はいつもお蔵入りです。

今回は、そんな問題を解決してくれそうなアイテムを、ブログタイムズを通してモニターする機会をいただいたのでご紹介します。

スポンサードリンク

スマホに無線でつながるカードリーダー/Wi-Fiルーター「MeoBankSD」

MeoBankSD」は、スマートフォンからSDカードやUSBメモリーをワイヤレスで閲覧できるカードリーダー。

Wi-Fiルーターの機能も搭載しており、有線LAN環境しかない場所でも無線LANを利用できるようになります。

SDカードをスマートフォンからワイヤレスで閲覧、コピー

meobanksd1
↑Wi-Fiカードリーダーの本体

Wi-Fiカードリーダーの本体はとてもコンパクト。写真はほぼ原寸大で、片手で握れるくらいの大きさ。重さはiPhone4の半分以下の56gです。

無線LANはIEEE 802.11b/g/nに対応しているので、出先でのWi-Fiルーターとしても十分使えそうです。

meobanksd2
↑iPhone4と並べてみると、これくらいの違いになります。iPhoneにはデジタル一眼で撮った、SDカードに入っている桜の写真を表示しています。

ソーシャルメディアへデジタル一眼で撮った写真をアップしてみた

meobanksd8
↑これこそがまさに、自己満足の境地なのかもしれませんけれども、微妙にシャキッとしないスマホカメラの写真を投稿するよりも、投稿者の満足度は確実に段違いですよね。

ソーシャルメディアへ写真を投稿するまでの流れ

meobanksd3
↑写真をSNSに投稿するまでの流れはこのような感じです。旅行などの出先でリアルタイムにお気に入りの写真を投稿したい時には手放せなくなりそうです。それだけでなく自宅に居る時でも、いちいちPCをたちあげて写真をインポートするといったことをしなくても、スマートフォンを使って投稿できるのが良いですね。普段投稿しない、デジタル一眼レフカメラで撮った写真を手軽に投稿できて、少しテンションがあがりました(笑)

ファイルのやり取りをおこなうためのアプリは、今のところiPhoneアプリのみの提供になっています。

meobanksd4
↑Android端末やPCの場合はブラウザからベタなページを開いて画像をダウンロードします。ブラウザからでは写真の一覧性が良くないので、AndroidアプリやPC用のインターフェースも用意して欲しいところですね。SDカードやUSBメモリに入れている動画を視聴するのに使うのであれば問題はないでしょうけれども。

Android端末(Nexus 7)で動画を視聴してみた

meobanksd5
↑タブレット端末で動画を視聴したい時、端末本体にSDカードスロットがないと本体のディスク容量を圧迫してしまいますよね。そんな時にもタブレット端末に動画ファイルを入れずに視聴できるのが便利です。

meobanksd6
↑写真はデジタル一眼カメラで撮った動画を、USBメモリに保存しておいたものです。このUSBメモリをMeoBankSDに挿し、Nexus 7とMeoBankSDをWi-Fiで直接つないで再生しています。

機能についてより詳しく知りたい方はMeoBankSDへどうぞ。

→ 最安価格のショップを探したい方はこちらで価格を比較できます。

MeoBankSD(MBSD-SUR01/W)の各部の名称と機能

meobanksd7

MeoBankSD専用iPhoneアプリ

MeoBankSD
MeoBankSD (無料)
(2013.09.10時点)
posted with ポチレバ

[PR by ブログタイムズ]

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする