フィリップスインイヤーヘッドフォンの最上位機種、SHE9850をレビュー。低音域の広がりや臨場感がたまりません。

臨場感あふれる音質 フィリップス最上位イヤフォン「SHE9850」レビュー

2010-06-27 | Sigeo | 0 | カテゴリ ガジェット・家電

付け心地、音質共に最上位の インイヤーヘッドホン SHE9850

すでに3回目となる「フィリップス ヘッドフォンマラソン 2010」。今回は、フィリップスより最上位機種の「SHE9850」をご提供いただきましたので、早速レビューします。

「SHE9850」の感想を一言で表すと、

低反発イヤーピースとの組み合わせで最高の臨場感を味わえる。

最上位機種なので、音質が良いというのは当然のことでしょうけれども、体感してみないとわからない良さがたくさんある、というのが私の率直な感想です。

スポンサードリンク

付け心地、音質共に最上位の インイヤーヘッドホン SHE9850

SHE9850の内容物
SHE9850の内容物

もともと補聴器のために作られた、バランスドアーマチュア型ドライバー(BA)が、楽器の音を忠実に再現し、クラシックやジャズを聴くのに特にオススメというこのイヤフォン。

クラシックやジャズはモチロンのこと、ロックやレゲエなどその他のジャンルで低音域を楽しみたいという人にとっても、最上位機種ならではの音質と臨場感を楽しむことができます。

特に、低音域の耳の中での響きを一度体感してしまうと、他のイヤホンでは満足できなくなってしまうのではないかと感じます。

使ってすぐに分かる違い

高解像度ドライバーを搭載
高解像度ドライバーを搭載

補聴器向けに作られた技術(BA)を使っているだけあって、耳の中での音の広がりが抜群。

いままでのイヤホンとの違いをすぐに感じ取ることができます。

これを言葉にするならば、「耳の中での音の広がりがぜんぜん違う。」となります。

例えば、自分が大好きであったり、カッコイイと思う曲をコンサートで聴くと、身体がゾクゾクっとしてしまうことがありますよね。

それと同じがイヤホンでも起きてしまうということなのです(笑)

耳にフィットする低反発イヤーピース

低反発イヤーピース
低反発イヤーピース

どんな形状の耳にもフィットしてしまう低反発のイヤーピースはかなり重宝しそうです。

付け心地の良さだけでなく、これを付けるだけで、臨場感が格段にアップします。

低反発イヤーピースの最大の特徴は、良くも悪くも外界の音をほぼ完全にシャットアウトし、音楽だけに集中できるというところです。

ひとつ気になるところは汚れについて。耳の穴が小さく、汚れがたまりやすい私の耳だと、薄い色のイヤーピースだと余計に汚れが目立つように感じます。

素材的にも汚れを落としづらいため、長期間使うものとしては考えづらいかと。この点をクリアできると良いですね。

今回の私の評価

  • 着け心地:『★★★★★』低反発イヤーピースのフィット感が最高
  • 音質:『★★★★★』クリアな音質と臨場感がたまらない

SHE9850 底値
→ /SHE9850 楽天底値は
こちらでチェック

フィリップスの50周年キャンペーンサイトはPHILIPS 50thへ。

商品の詳細を見たい方はSHE9850/97 Philips インイヤー ヘッドフォン SHE9850へどうぞ。


スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする