著作権の表示に最適

画像に透かし文字を入れられるソフトいらずのオンラインツール「uMark Online」

2012-12-20 | Sigeo | 0 | カテゴリ WEBツール・サービス

画像に透かし文字を入れる

自分で撮った写真を画像としてオンラインにアップする際、自分の著作権を明示するために透かし文字を入れているケースをよく見ますよね。

画像加工ソフトを所有していれば、カンタンに透かし文字を入れることもできますが、持っていないとき、あるいはインストールしていないパソコンで作業したい時、どうしようか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。

そんな時に役立ちそうな、ソフト不要で無料のオンラインツールをご紹介します。

スポンサードリンク

画像へカンタンにすかし文字を入れられる「uMark Online」

uMark Online」はアップロードした画像へカンタンに透かし文字を入れることができるオンラインツール。

海外ツールですが、日本語にも対応しており、なおかつシンプルな手順で処理を行うことができます。

アップロードした画像に透かし文字を入れる

画像をアップロード
↑手順はカンタン。まずサービスサイトのトップページで、パソコンから画像を選んでアップロードします。

編集画面
↑画像をアップロードすると、画像のような画面になります。


↑透かし文字の入力は、このような設定画面で行います。

カラーパレット
↑フォントの色設定部分では、カラーパレットで自由に色を作成できます。

プレビュー画面
↑設定が完了すると、プレビュー画像に透かし文字が入ります。

画像保存
↑完成したら、プレビュー画像を右クリックして表示されるメニューから、「名前をつけて画像を保存」を選択し、パソコンに画像を保存します。これで完了です。

興味がある方はuMark Onlineへどうぞ。

カメラにハマり始めると、自分の写真をウェブ上で見せたくなるものですよね。そういったときにも著作権の表示をするのに使えそうなサービスです。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする