正確に言うと、200以上のファイル形式に対応しているファイル共有サイトなのですが、ファイルの埋め込みにAJAX Document Viewerを

どんなファイル形式でもサイトに埋め込める 文書共有サイト「Docuter」

2009-02-18 | Sigeo | 0 | カテゴリ WEBツール・サービス

200以上のファイル形式で文書をアップロード&共有

正確に言うと、200以上のファイル形式に対応しているファイル共有サイトなのですが、ファイルの埋め込みにAJAX Document Viewerを使っていて、埋め込んだときの見た目もなかなかだったのでご紹介。

スポンサードリンク

200種類以上のファイル形式に対応している文書共有サイト「Docuter」

Docuter」は、200種類以上の形式のファイルをアップロード、共有、サイトへの埋め込みができるサービス。

ドキュメント ビューワーにAJAX Document Viewerを使っていて、表示が軽いのも特徴です。

埋め込みサンプル
↑このファイルは2ページですが、100ページ以上のPDFファイルでも読み込み時間をあまり長く感じさせません。
対応しているファイル形式
↑一般的なところではpdf、doc、xls、ppt、jpg などなど。詳しく知りたい方は対応一覧表をご覧ください。
URL指定でのアップロードも可能
↑ローカルからアップロードするほかに、URLを指定してアップロードすることも可能です。

試してみたい方はDocuterへどうぞ。

正直、PDFファイルなどを開くよりも、このビューワーで開いたほうがサクッと見る事ができて便利です。 サイトへの誘導ができないので、その点ではSlideshareにかないませんが、埋め込んだ際の軽さや「ダウンロード」「印刷」のしやすさではDocuterの方が非常にユーザーフレンドリーになっています。

Via:Delicious

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする