普段使わないPCからもラクラクアップロード。

WEB版のDropboxがドラッグ&ドロップでファイル追加可能になった

2012-04-09 | Sigeo | 0 | カテゴリ WEBツール・サービス

Dropboxがブラウザ上でもドラッグ&ドロップで追加可能に

先日、友人紹介による容量追加の上限がこれまでの2倍となる16GBになったDropbox。紹介をたくさんしているひとの中には、突然容量が増えて驚いたかたもいるのではないでしょうか。

このDropboxの動きの背景には、Googleが今月中にも開始するといわれているGoogle Drive(GDrive)に対抗するところもあるかもしれません。

そのDropboxに、いままで提供されていなかったブラウザ上でのドラッグ・アンド・ドロップによるファイル追加機能が実装されたようです。

スポンサードリンク

Dropboxがブラウザ上でもドラッグ&ドロップで追加可能に

今回Dropboxに実装された機能は、WEBブラウザ版のDropboxへドラッグ・アンド・ドロップでファイルを追加できるもの。

わざわざファイルアップローダーを開いてファイルを選んでアップロードしなくても、PCのフォルダから直接ドラッグ・アンド・ドロップでファイルをコピーすることが出来てしまいます。

ファイルをドラッグ・アンド・ドロップで追加

ドラッグ・アンド・ドロップ
↑普段Dropboxを同期させているPCからはあまり使うことはなさそうですが、Dropboxと同期していない他人のPCやノートPCなどからファイルをアップロードしたい時に便利そうですね。

アップロード完了
↑アップロードが完了すると、画面下の部分に完了通知が表示されます。

ファイルの詳細
↑完了通知の「詳細を見る」リンクをクリックすると、ファイルの詳細情報がその場に表示されます。

よりシンプルになったインターフェース

シンプルインターフェース
↑ドラッグ・アンド・ドロップでのアップロードが可能になると共に、インターフェースもよりシンプルなものに変更されました。

試してみたいかたはDropboxへどうぞ。

Googleの本格参入によってさらに競争が激化しそうなクラウドストレージサービス。しかしユーザーにとっては複数のクラウドストレージを共存させる可能性が高いと見ています。このようなサービスが、ストレージサービスに限らず、もっと増えていくと良いですね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする