参加予定者に再度通知を送ることも可能。

消してしまったGoogleカレンダーの予定を復活できる「Undelete For Google Calendar」

2012-04-10 | Sigeo | 0 | カテゴリ WEBツール・サービス

消えてしまったGoogleカレンダーのイベントを復活できるサービス

たまにやってしまいます。消してはならない予定を削除してしまい、その予定には複数のメンバーが参加する予定だったとかいうことを。

一度消してしまったら、どこで、誰が参加するイベントだったのかを確認するのがとても大変だったりもします。できれば他人に確認せずともデータを復活させてほしいものですよね。

今回はそんなときに助けてくれるサービスをご紹介します。

スポンサードリンク

消えてしまったGoogleカレンダーのイベントを復活できるサービス

Spanning Undelete for Google Calendar」は、削除したGoogleカレンダーの予定を復活させることができるサービス。

予定を復活させるだけでなく、元々招待していた友人に再度招待通知をすることも可能になっています。

削除した予定を一覧

削除した予定を一覧
↑カレンダーごとに削除した予定を一覧してくれます。これなら予定を削除することに躊躇する必要がなくなりますね。

削除した予定をもとに戻す

予定をもとに戻す
↑予定をもとに戻す際に、予定の件名の頭に[UNDELETED]と付けたり、招待したメンバーに再度招待通知を送るようにすることも可能です。

予定が復活
↑【Undelete】ボタンを押すと、カレンダーに予定が復活します。

興味がある方はSpanning Undelete for Google Calendarへどうぞ。Google Appsに追加するか、個人のGoogleアカウントで「Sign in」することで利用できます。

頻繁に起こるようなことではありませんが、万一のために覚えておきたいサービスですね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする