Facebookイベントの使い方もGoogleカレンダーへの追加もカンタン。

Facebookイベントの告知をクールなサイトでカンタンにできる「Erly」

2012-01-30 | Sigeo | 0 | カテゴリ WEBツール・サービス

かっこいいFacebookイベント告知サイトをカンタンに作れる「Erly」

Facebookなどでイベントの告知をおこないたいけれども、かっこいい告知サイトを作成するのは手間がかかって大変ですよね。

そこで今回は、Facebookなどでイベント参加者を募集する際、クールな告知サイトをカンタンに作れてしまうサービスをご紹介。

スポンサードリンク

かっこいいFacebookイベント告知サイトをカンタンに作れる「Erly」

Erly」は、Facebookイベントの告知や写真アルバムを、FacebookやFlickr、Instagramなどの写真を使ってカッコよく作成できるサービス。

Facebookアカウント経由でログインでき、イベントへの招待もカンタンにできるようになっています。

クールな告知サイトを作れる

ここではFacebookイベントの告知サイトに焦点をあててご紹介します。過去のFacebookイベントの写真をアルバムにして公開する用途にも使えます。

告知サイト
↑自分のあらゆるサービスに投稿している画像やPCの画像、あるいはテンプレート画像を使ってかっこいいイベント告知サイトを作成できます。

作り方もシンプル

イベントの作り方
↑告知サイトの作り方もカンタン。イベント名や場所、日付などの情報を入力するだけでOK

Google検索から候補取得
↑イベントの場所はGoogle検索から候補を取得できます。

テーマ作成
↑告知サイトの画像はテンプレのテーマからもジャンル毎に選べる上に、PC上の画像やFacebookのアルバム、Flickr、Picasa、Instagramなどの画像を利用することもできます。

イベントのプライバシー設定も可能。ゲストのリストを非表示(Hide the guest list)にしたり、招待者以外の参加を認めない(Don’t allow guests to invite other guests)あるいはイベント告知ページにパスワード設定(Password-protect event details)することもできます。

デザイン微調整
↑イベントのタイトルを微調整することも可能。この作業も実にシンプル。

イベントへの招待
↑イベントへの招待は、Facebookアカウントだけでなく、Googleの連絡先あるいは専用のURLを共有することでおこなえます。

Facebook上から検索
↑Facebookアカウントの場合、招待する相手をFacebook上から検索して追加できます。

イベント情報
↑画像とイベント概要のページの下に、イベント情報と参加者情報が記載されています。ここでディスカッションすることも可能。

参加表明
RSVPの欄で行くか行かないか、あるいはたぶん行くかを選択してもらいます。

興味がある方はErlyへどうぞ。

Facebookイベントでもらった「参加する」という意思表示は、実名ながらも参加率が悪いといいます。しかし社内や身内などでも手軽にこういったクオリティの高いイベントサイトを作れると、テンションがあがって良さそうですねw

スポンサードリンク
WordPressで加速させる!ソーシャルメディア時代の[新]SEO戦略マニュアルWordPressで加速させる!ソーシャルメディア時代の[新]SEO戦略マニュアル
価格:¥ 2,709
平均評価:★★★★★
納期:在庫あり。
Amazon で詳細を見る by インフォグラフィックをご紹介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする