時間効率のアップなど、GTDにも使えるオンラインストップウォッチ、作業時間の履歴をグラフで表示、iPhoneやAndroid携帯でも計測、グラフ

GTDにも使える グラフで履歴を残せるストップウォッチ「eClocking」

2009-10-26 | Sigeo | 0 | カテゴリ WEBツール・サービス

グラフで履歴を残せるタイムトラッキング用ストップウォッチ

「10分おきに、自分がこれまでの10分間何をしていたか振り返ろう。」というライフハックがあります。

これを実践していると、自分がいかに無駄な時間を過ごしているか気づくこともあります。そしてそれを突き詰めていくと、一作業ごとの所要時間も気になってくるものです。

今回ご紹介するタイマーは、そんな一作業ごとの所要時間のトラッキングにも便利なものになっています。

スポンサードリンク

グラフで履歴を残せるトラッキング用ストップウォッチ

「eclocking」は、タイム計測の履歴をグラフで残せるオンラインストップウォッチ。計測したタイムに「タグ」をつけることで、複数の事柄の計測履歴を残すことができます。(※タグは半角英数のみ)

項目ごとにグラフで履歴を残せる

タグをつけて、項目ごとにグラフを蓄積。 ↑計測したタイムにタグをつけることで、トラッキングの項目ごとに所要時間のグラフを生成することができます。

ラップ計測も可能

ラップ計測も可能 ↑通常のストップウォッチのようにラップの計測も可能になっていて、計測したラップタイムも履歴の詳細データに蓄積されます。

期間の絞込み表示も可能

期間で絞り込むことも可能 ↑シンプルなインターフェースなのに、意外とほしい機能がついているところも良いですね。

ショートカットキーもあり

  • s – スタート/ストップ
  • r – リセット
  • l – ラップ

↑このショートカットキーがかなり便利です。

URLのパラメータでいろいろ効率化できる

http://eclocking.com/timer?autotags=tag1 tag2

このように、?autotags=tag1 tag2 のようなパラメータを指定することで、開いたらデフォルトでタグが付いている状態のページをブックマークしておくことも可能。

さらに、下記リンクのように、開いたら計測が自動で始まるブックマークも作成可能です。

http://eclocking.com/timer?autostart=true

↑このように ?autostart=true というパラメータをつければ自動的に計測。 ?autotags=tag1 tag2&autostart=true といったように、タグとあわせて使うことも可能です。

iPhoneやAndroid携帯にも最適化

Android 携帯で見た画面
↑これはAndroid 携帯(HT-03A)で見たところ。

Android, iPhoneでグラフも表示。
↑もちろん履歴やグラフの閲覧も可能です。先ほどご紹介したパラメータをつけたページをブックマークしておくのも便利そうですね。

CSV形式でのエクスポート、インポートも可能

シンプルだったはずが、ここまでくるとなかなか高機能ですよね。CSV形式でのエクスポート、インポートはeclocking – import/exportのページから行えます。

興味のある方はeclockingへどうぞ。

最初は履歴グラフが表示されることに惹かれてチェックしたのですが、使えば使うほどに便利なことがわかります。時間の使い方を向上させたい方はぜひ使ってみては?

Via:delicious

「見えない時間」で稼ぎなさい! ~1人7役!銀座で働く超多忙社長が教える「潜在時間」の使い方~「見えない時間」で稼ぎなさい! ~1人7役!銀座で働く超多忙社長が教える「潜在時間」の使い方~
価格:¥ 1,470
平均評価:3.5
納期:在庫あり。
Amazon で詳細を見る by のスケジュール手帳を選ぼう
スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする