スターバックスのドリンクチケットやファミマのお買い物券などを贈れるサービス。

日頃の感謝を込めてスタバのギフトをgifteeであのひとに贈ろう

2014-08-31 | Sigeo | 0 | カテゴリ WEBツール・サービス

ギフティでギフトカードを贈ろう

日頃からお世話になっている人へ、贈りものをしたい。けれども、直接渡すのもこっ恥ずかしいし、そんなに会う機会もない。そんな時に、手軽に相手へ贈りものを渡せると良いですよね。

もしもメールやLINE、facebookからギフトを贈ることができたら、もっと手軽に渡せるのに、なんてときに役立ちそうなサービスをご紹介します。

スポンサードリンク

Facebookなどを使ってスタバのギフト券を贈れる「giftee」

giftee(ギフティ)」は、ソーシャルアカウントとメッセージを使ってギフトを贈れるソーシャルギフトサービス。

スターバックスのドリンクチケットをはじめ、ファミマのお買い物券やマガストアの電子書籍1冊などなど、少ない金額で手軽に贈れるギフトが用意されています。

スタバのドリンクチケットを贈ってみた

giftee1
早速ですが、gifteeを使ってみました。上記画像のようなギフトカードを作成して、FacebookのメッセージやTwitterのダイレクトメッセージ、あるいはメールで渡せるようになっています。

ギフトカードを作成する

giftee3
ギフトカードを作成する手順は非常にシンプルで簡単。手順に沿ってあっという間に作成することができます。

giftee2
作成画面はこのようになっていて、相手に送る手段をソーシャルアカウントかメールから選び、相手のアカウントを選択して、メッセージを作成し、必要であればカードのデザインを選んで支払いをするだけです。支払い方法は、VISA、MASTERのクレジットカード、auかんたん決済、じぶん銀行から選ぶことができるようです。(2014年8月現在)

メッセージを送る

giftee4
今回はFacebookを使いましたが、Facebookであればメッセージ機能を使ってギフトカードのURLをそのまま送ることができます。Twitterの場合は、ギフトカードの作成画面でアカウントを連携することでダイレクトメッセージを使ってURLを送ることができ、メールは使用しているメールにURLを貼り付けることでメッセージを送ることができます。LINEなどで送りたいときは、メールを選んでURLを貼り付ければ良さそうですね。

ギフトの受け取り方

giftee5
ギフトを受け取る場合は、送られてきたURLのギフトカードを開き、対象の店舗で見せて、バーコードを読み取ってもらうなどすることで使うことができます。

ほかにもUber(ウーバー)の4,000円分乗車チケットやクックパッドの2ヶ月体験クーポンなど、グロースハックを支援するものもありますが、これらのようなサービスをひとに薦めたいときに利用するのも、ただ紹介するより喜ばれそうですよね。

興味があるかたはgiftee(ギフティ)へどうぞ。Facebookアカウント、あるいはau IDを使って利用開始することができます。

スポンサードリンク

この記事を読んだ方は以下の記事もご覧いただいています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする